チェンマイのツアー会社、ナラツアーから日本人の皆様に北タイ情報をお届け致します。店頭ではお教えしないレストランやカフェ、スパやホテル、その他を”ナラのウラ”でこっそりと皆様にお伝えします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆様、こんにちは
日本の東京では、ちょうど先週が桜の見頃だったようですね
これから東北方面の桜もどんどん咲いていくのではないでしょうか
こちらはここ最近、急に気温が高くなり、ジリジリと日差しも強くなって夏本番に近づいてまいりました
それもそのはず、来週にはタイの旧正月であるソンクラーン なのです。
街中では、水鉄砲があちらこちらで販売されています。
今年のソンクラーンも気温が高くすごく暑くなりそうです
ちょうど今年は、土日がソンクラーン前にあるので5日間の連休
弊社のスタッフもそれぞれの実家に帰省をするため、今週の日曜日よりお休みを頂きます。
ただ、今年は季節風の関係で例年にない大雨が昨日も降りました。明日以降、雨模様が増すようなので、
雨の中の水掛か祭りになりそうですが、それでもお祭り好きなタイ人は水鉄砲を片手に街中に乗り出しそうです!

今は、水掛け祭りとして注目をされているソンクラーンですが、タイ人にとっては大切なお正月です。
4月13日から15日まで新年を祝うためお寺に行く人も多くいます。
チェンマイでは、旧市内にあるワット・プラシン(プラシン寺院)のご本尊がこの期間にお寺の外に出され、
4月13日にターペー通りをパレードをするのが恒例となっています。
そのパレードで参加者は、ナームソンポイという聖水をご本尊にかけ旧正月を祝います。
私も一度はこのパレードに参列をしてみたいと思っていたのですが、毎年ソンクラーンは家に引きこもるため
ターペー通りにも行かずテレビでパレードの様子を見ているだけだったのですが、
今年は子どもも大きくなったので人混みにまぎれて参列をしてみようかと思っています。
皆様も一度はチェンマイの水掛祭りにお越し下さいね
皆様、こんにちは
3月に入ってからチェンマイは白い煙のベールに覆われていたのですが、
先週台風のようなスコール&強風が連日続き、そのおかげで青空が出てきました
それまでは、目がしょぼしょぼしたり、のどがイガイガしたり、まさしく煙害のせいという症状が見られたのですが、
ここ最近はそんなこともなく、清々しく毎日過ごすことができています。
こちらはこれから夏本番 4月13日からのソンクラーンに向けて気温が段々高くなっていきます。
今日、とても親切にして頂いている方からスイカのプレゼントがありました
今夜自宅に帰って家族で美味しく頂こうと思います

さてさて、皆さんこの写真を見てなにを思いますか
   32 Coffee hill 樹齢何年でしょう?    32 Coffee hill 樹齢何年でしょう?2
これ、チェンマイで撮った写真です。写真が小さくて分かり難いかもしれませんが空まで届きそうなくらい
すくっと伸びているんです。周りも木々が生い茂っていて、とてもチェンマイだとは思えないくらい。

この写真は、私がずっと気になっていて行きたかったカフェから見えた風景です。
そこは、チェンマイからメーホンソンのパーイへ行く途中にあるパ・ペェという村にある32 Coffee hillというカフェです。
ここのカフェでは、自家栽培をしているコーヒー豆を使用したコーヒーが頂けます。
そして、チェンマイの外れのパ・ペェ村がどこにあるのかを知りたく休みの日に朝から自宅を出発

メーリムを抜け、メータマンへ到着。この先は、パーイへ行く道では???と思っていると、
やはりパーイへ向かう道に入ってしまった。パーイには苦い思い出が
何十年前、タイでパーイブームが沸き起こり、車がなかった私と夫は
チェンマイのバスステーションから出ているワゴン車に乗ってパーイ1泊2日旅行へ出発。
行きは、かなりくねくねした道を行ったが車酔いもせずパーイへ到着。パーイのお寺やナイトマーケットを満喫。
翌日の朝、またワゴン車に乗ってチェンマイに戻る。が、帰りは下り道にくねくね道だったせいか、それとも
体格のいい外国人に挟まれて座席が窮屈だったせいか、車酔いをしない私でも車酔いをしてしまったのだ
それからパーイへの道に恐怖を覚えてしまい、それから行っていなかったのである。

そんな過去を持ちながらの今回の再トライ ドキドキしながらも意外と楽しかった。
それもこのお店までの地図がなく、住所を頼りに行ったので、夫と二人でまだかまだかと探しながらの道中となった。
随分と急カーブをいくつも越えてきたのにパ・ペェ村の看板さえ見つからない。いつになったら到着するんだろう・・・と
心配しながら周りをキョロキョロしながら前へ前へ。私たちが乗って気持ち悪くなったパーイ行きのワゴン車は、
何台も私たちの車を越してパーイへ急いでいる。そして時にはバックパッカーの運転するバイクに遭遇。
なかなか到着しないので、あきらめてチェンマイへ戻ろうとした時、やっとパ・ペェ村の看板が見えてきた。
目的地に近づいたけれどもまだカフェの看板は見えてこない。
どこだろう・・・と思っていたら、カフェの30メートル前から看板が立ちはじめやっと到着

32 Coffee hill 正面入り口 道なりに進んでくると右手にカフェと正面の入り口が見えてきます。
車を停めて、正面にカフェの看板が見えます。  32 Coffee hill 正面看板 

カフェが手前にあり、その先にレストランがあるのでレストランでランチにしました
32 Coffee hill カルボナーラ  32 Coffee hill クラブサンドウィッチ  32 Coffee hill カプチーノ
厨房が見渡せるレストランで、今シェフが何を作っているのかもお見通し。
注文をしたカルボナーラは、すごくもっちりしていてクリーミーでした。
今回のメインだった、カフェではカプチーノを注文。コーヒーの味がしっかりしていて、美味しかったです。
コーヒー豆の販売もしていたので買って帰ろうと思ったら、残念ながら売り切れで購入できませんでした。

ここは、カフェやレストランだけでなくホテルも併設されています。
32 Coffee hill ログハウス

ホテルに宿泊するのも良し、パーイへの往復の休憩に寄ってみるのも良し。
色々な楽しみが味わえるのでお勧めです

 



皆様、お久し振りです
チェンマイも寒さから開放され随分と暑くなってきており、夜中でもエアコンをつけるようになってきました。
しかし、今年もやってきてしまいました「煙害」
毎年2月頃から空や空気が白い煙のベールに覆われる煙害が始まるのですが、今年の2月はすっきり青空だったので
もしかしたら改善されたのかもと喜んでいたのも束の間、今月から煙害被害が発生してしまいました
目は煙でしょぼしょぼするし、風邪でもないのに咳がでてきます。
大人の私たちでさえ辛いので子ども達は外で思いっきり遊べないし身体にも害だし辛い時期です。
それを改善するために山焼きを防止するプロジェクトもあるのですが、上手く浸透せず
早く改善して欲しいと思います

煙害の被害はありますが、暑くなる一歩手前のとても過ごしやすいのがこの3月。
先月までは、長袖の洋服を着ていたのですが、今月から半袖オフィスも朝からエアコンをつけております。
先日、以前から行きたかった北タイ料理のレストランへ行ってきました
そのお店は、チェンマイのフリコピにも載っているニマンヘミンSoi13にある「トーン」というお店です。
       Tong  Tong Entrance
上記の右側の写真で分かりにくいのですが、このお店中国人の観光客にすごく人気で
いつもこの通りを通ると店の外まで行列ができるくらいのお客様でいっぱいだったので、
ちょうど車も停められた(路駐です)ので、行ってみました

店の雰囲気は、普通で民家の1階をお店にしたという感じです。
Tong 店内雰囲気3  Tong 店内雰囲気2  Tong 店内雰囲気

お店の前では、ビールのつまみに似合う鶏や豚肉を炙っていました!
           Tong グリル

メニューを見てみると市場でも手に入れられそうなチェンマイ料理名がずらり。
ただ、写真がないので料理名を知らないと注文するのが難しいかもしれません
今回は、私の好きなチェンマイ料理をメインに注文をしてみました。
Tong Menu  Tong Tam makuayaao  Tong Nampriknum  
      Tong Pakwaan soup  Tong grill pork neck
上の中央から、ナムプリックヌム(緑色の唐辛子の料理です)・タムマクアヤーオ(長ナスの料理です)
下の左側はパックワーンという香草と干し魚のスープ・豚肉の首の部分のグリル
これらとカオニャアオ(もち米)を一緒に食べるととっても美味しいです
結局、スープだけ食べきれずお持ち帰りをすることにして、お会計。
この日は、夫の義母がチェンマイへ来ている日だったので、追加に3品注文をしたのですが
千バーツ未満で収めることができ、とってもリーズナブルでした。
味も市場とは異なり、とてもしっかり味付けがしてあり美味しかったです。ただ、残念だったのがナムプリックヌム。
通常はもっと辛いのですが、外国人用の味付けになっているのか、それともこれがお店の味なのか分かりませんが、
ちょっと辛さが足りなかったです。。。でも、とても美味しいので試してみて下さい
皆様、本年もどうぞ宜しくお願いします

長らくお休みをしてしまいましたブログですが、やっと仕事の嵐も過ぎ落ち着いてきたので、
復活させて頂きます
もうも明日で終わりに入ります。
今年の花祭りは2月6日~8日です。昨年は名物であるパレードが午後からスタートをしたのですが、
交通渋滞やパレードの山車を飾る花々が日照りによって萎れていくため、今年のパレードは朝に変更し
8時にチェンマイ駅スタートとなりました。
朝のスタートが早いですが、ちょっと早起きをしてパレードを見学してみて下さい

そんな早朝の朝に寄ってみたいカフェをご紹介したいと思います
ワロロット市場からの一方通行の道なりに来ると左手にWAWEEのワロロット支店が見えてきます。
オープンした頃から気にはなっていたのですが、ナラツアーのメーピン支店から徒歩で行かれる
スリウォンブックセンターの所にあるWAWEEに行くことが多かったため、なかなか訪れることができずにいたのですが、
我が息子の幼稚園で課外学習があるためいつもより早く登園をしたので出勤時間まで時間ができたので
ちょっと寄ってみることに
ここ最近のチェンマイは、早朝でもだいぶ暖かくなってきたのですが、でもまだまだひんやりと涼しい。
そんな早朝だったのにもかかわらず、お店に入ってみるともうすでに数人のお客さんが来店をしていました。
この支店は、オリエンタルな雰囲気のお店で店内も広い。そして客席も店内だけでなく、ワロロット市場からの
車を感じられる道路沿いの席や川側のベランダ席と選べるくらい多く設けられています。
WAWEE WAROROTワロロット市場の道路沿い席  WAWEE WAROROT店内2  WAWEE WAROROT店内1

裏に駐車場もあり、カフェで100バーツ以上ご注文された場合は駐車場代を差し引いてくれるので
駐車場の心配もなし
涼しい朝にピッタリなホットカプチーノを注文すると・・・
WAWEE WAROROT
こんなかわいいトッピングつきでカプチーノを運んできてくれました

ここのお店だけ24時間営業ということなので、夜中無性に美味しいコーヒーが飲みたくなったり
私みたいに早朝から雰囲気を感じながらコーヒーを頂く事もできるので、一度行ってみて下さいね

皆さん、こんにちは。
もう10月になってしまいました
昨夜、チェンマイではとってもきれいなまんまる満月でした。
今年は今日10月8日がオークパンサーと言って、雨期の時期に僧侶が雨の中外へ出て、小さい生き物を踏まないためにもお寺にこもるカオパンサーが明ける日なのです。なので、昨夜の深夜0時に各お寺では、オークパンサーにちなみ地元住民も参加できる托鉢をしたり読経を唱え、これからの修行に備える儀式を行いました。
ワット・ウパクットというお寺がナワラット橋からナイトバザール通りに入るあるのですが、ここは毎年この儀式を行い多くの信者が集まるので有名です。毎年弊社のスタッフも24時に合わせて自宅から30分かけて行くのですが、今年は例年よりも参加者が多く、「競い合って托鉢をしていたわ」と言っていました。とってもいい儀式なのがマナーを守らない人によって気分が悪くなるのも嫌ですよね。マナーは守って参加して欲しいものです

とっても前置きが長くなってしまいましたが、そのウパクット寺院の前にあるカフェをご紹介します
実はこのカフェに行ったのはかれこれ2年前なんです。ちょうどこの日は、我が息子のプレ幼稚園の発表会で幼稚園に見学に行っていたんです。我が息子のクラスの発表が始まったと同時に泣き出した我が息子
普段から声が大きいのでステージ中泣き声で響いてしまい、先生のためにステージから引き取ることに
この日は、この発表が終わったら帰宅していい日だったため、そのままご機嫌斜めの我が息子を抱っこしながら車に乗り込み、午後から仕事だったため会社の方面へ出発。
車に乗り込みとさっきまで泣いていたのが嘘のようにニコニコ
発表を見に来たのに~~~と心の中ではすごく残念だったのですが、真実を受け止め我が息子を怒らず
気分転換をさせるためにもずっと行きたかった「Cafe Arte」へ
道に面していて駐車場がないためウパクット寺院に車を停めて、お店へレッツゴー

お店に入ると、店内はとっても静か。まだ他のお客様がいらっしゃらず私たちだけでした
Cafe Arte店内雰囲気  Cafe Arte置物  Cafe Arte急須と湯のみ
カウンターの横にとっても味のある陶磁器でできたコーヒーカップがずらり。
日本各地にある○○焼きの陶器を思い出させるくらい魅力的な陶器がたくさん

店内の静かさに私も落ち着いてコーヒーを頂いている所に置物に興味を示した我が息子
ちょうどその頃からお店には他のお客様もいらっしゃるようになり静かにして欲しいのに
陶器でできた置物を触りたくて騒ぎ始めてしまった
触らせないためにも3つあった置物に名前をつけよう!と息子と名前を考え始めると、全部がブタに見える!!と
何と言う芸術センス・・・と悲しんでいるところに
映画に出演していそうなきれいな顔立ちの外国人の男女がお店の中に入ってくると、それまで「ブー、ブー。」言っていた
我が息子もいきなり静かに。男性はタキシードに女性は真っ赤なドレスを着ていて美男美女
そのきれいな女性が我が息子を見かけるとニコリ
ウィンクを受けると急に恥ずかしくなってしまったのか、夫の後ろに隠れてしまいました
そのカップルの方が先にお店を出てしまい、また騒ぎ始めたのでお店を出ることに。
今では、チェンマイの芸術家によって味のある陶磁器を作成して販売しているお店も出てきましたが、
2年前は見かける機械も少なくこの発見はとっても新鮮的だったので、とても鮮明に覚えています。
そして我が息子のハプニング続出の日だったので尚更、思い出がたくさん詰まったカフェなのです

今では、随分と成長しステージの上で恥もなく大声で歌い踊りながら発表をしている我が息子
あの日のハプニングが嘘のよう。子どもの成長って早いですね
Cafe Arteカフェラテ
こんな素敵なカップでゆっくりとコーヒーブレイクはいかがですか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。