チェンマイのツアー会社、ナラツアーから日本人の皆様に北タイ情報をお届け致します。店頭ではお教えしないレストランやカフェ、スパやホテル、その他を”ナラのウラ”でこっそりと皆様にお伝えします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カレンのいしょう

こんにちは、アオキです
この写真は、もう何年も前にカレン族の村で撮ったものです
カレン族というのは、北タイに住む山岳少数民族のひとつで、
北タイには他にもアカ族、ラフ族、リス族など多数の民族が暮らしています
初めてタイに来た10年前から今まで、
なぜかカレンの村にお世話になる事が多いアオキです
写真の子ども達の洋服はカレンの民族衣装で、
白いワンピース型の衣装は未婚女性用
黒や青いプルオーバーに、模様が編みこまれたスカートは既婚女性用
男性は、赤やピンク地に模様が編みこまれたプルオーバーを着ています
若い世代は、普段民族衣装を着ることはあまりなく、
行事の時だけ、という傾向が強いようです
私達が普段着物を着ないのと同じ感覚ですね
しかし、おじいちゃんおばあちゃんは毎日来ているのが普通のようです


私がお世話になっているカレンの村では
ひとつひとつ、全て手作業で作られている民族衣装

ており2
この写真は手で布を織っているところです
手織りしているこちらは、主にカバン用の布
洋服の場合は機織機を使います
(写真が見つかりませんでした・・・)
女の子達がお年頃になると、
お母さんが機織を教えます
お母さんに見てもらいながら地道な作業を黙々・・・

カレンの刺繍
こちらは、自分達で織った布に独特の刺繍を施したもの
花柄のような刺繍の下の白いぶつぶつ(?)は
木の実です

写真ではうまく伝わらないですが、
全てが手作業でできている民族衣装、
本当にきれいなのです

カレンの人の家はこんな感じです
カレンのいえ
(またわかりにくい写真・・・)

高床式になっていて、家の中には囲炉裏があり
そこで調理をしたり、寒い時期には囲炉裏で暖を取るので
家の下には薪が沢山積まれています

そしてその脇には・・・
クワーイ
こんな家畜が歩いていたりします


タイに来る前は「山岳少数民族」が、
なんだか特別な人たち、私達とは違う人たち
のようなイメージを勝手に持っていましたが、
実際は生活スタイルや食べる物や言葉が違うだけ
たまに日本との違いにびっくりすることもありますが、
(3歳児が器用にナタで野菜を切っていたり・・・
どこの民族でも子どもは可愛いし
若者は恋の話しで盛り上がっているし、
お父さんはたまにお酒飲み過ぎてお母さんに怒られているし、
私達と変わらないなーといつも思います

北タイだからこそ色んな民族の人に出会える機会があります
皆様にも平地で暮らすタイ人の生活、
山で暮らす民族の生活をぜひ見ていただきたいなーと思うアオキです

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naratour.blog89.fc2.com/tb.php/411-178da3ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。