チェンマイのツアー会社、ナラツアーから日本人の皆様に北タイ情報をお届け致します。店頭ではお教えしないレストランやカフェ、スパやホテル、その他を”ナラのウラ”でこっそりと皆様にお伝えします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「霊が怖くて外泊できない~!」

「夜は怖くて電気もテレビもつけたまま寝ます」


霊を怖がるタイ人はとても多くいます。
思わず笑ってしまいますが、話す本人はいたって真面目。

ある日、私自身が体験したことを話すと、我が社の経理スタッフは
顔色を変えてこう言いました。

「このお守りを持って帰って、枕元に置いて!
そして寝る前に必ずお祈りをしてね!」

無下に断るには可哀想なので、取り合えず持って帰ることに。
言われた通り枕元に置きましたが、めんどくさ・・・・置いただけで
きっと効果があるはずなので、お祈りはしていません。笑

数日後、部屋の状況を聞かれたので何もないことを伝えると
とても安心した顔をしている経理スタッフ。
効果ありか否かは別として(笑)、私の枕元には今も引き続き仏陀さまが鎮座中。


さて、私の体験談はこれくらいにして、タイ北部に伝えられている
”外出する際、霊が赤ちゃんを連れ去らないようにするおまじない”があると
聞いたので、自分の備忘録としてもこちらに書いておこうかと。

方法は3つ。

1.小さな仏陀のお守りネックレスをつける

無難ですね。

2.古い巻きスカートの端切れを小さく巻き、両手首につける

おばあちゃんの巻きスカートが最適だけれど、お母さんでも良し。


残るひとつは。。。


3.埃を頭に

おばあちゃん、又はお母さんの足の裏についている埃を取り、
額の中心部にすりつける!


2、3をすることによって、”この赤ちゃんは○○おばあちゃんの家族”と
霊に示し、連れ去ったり、体にのり移ることから身を守るそうです。

1歳になるまで、このうちの一つを外出の度にするのだそうですが、
若い世代はしないことも多いようです。


こんな話をしたのも、実は先ほど赤ちゃんを連れたご夫妻がご来店されたからなのですが、
赤ちゃんは何とまだ生後1ヶ月未満!!

お化け云々よりも免疫力が気になるヒガシなのでした。



ブログランキング参加中です
いつもぽちこっとクリックありがとうございます
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ  タイ・ブログランキング キングオブタイブログ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あぁ、うちもやられました。
「足のホコリを頭に付けられる」
迷信シリーズ。
他にもタイ人の「本名ではなくあだ名で呼ぶ」と言うのは霊が子供の名前を知って連れて行かないようにする為の予防だとか。
「カワイイ」とは言わずに「変な顔」(ナーチャーン)と言う、これも霊にかわいい子が居ると悟られないようにするため等。
他にも「重くなったね~」とは生まれる前の妊婦のお腹にも言ってはダメだそうです。
何でも「これ以上成長しなくなるから」とのことでした。
「言霊」を信じているタイならではですね。
2010/03/16(火) 00:52 | URL | サンマ子 #gFmCtObs[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naratour.blog89.fc2.com/tb.php/331-b4b81bb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。