チェンマイのツアー会社、ナラツアーから日本人の皆様に北タイ情報をお届け致します。店頭ではお教えしないレストランやカフェ、スパやホテル、その他を”ナラのウラ”でこっそりと皆様にお伝えします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さま、こんにちは。
まだまだ暑い日が続いております。昨夜はちょっとだけでしたが、雨が降ったので涼しくなりました。
個人的にはこういうお天気の方が、雨がずっと降っているよりも好きです。
洗濯物もすぐに乾くし、いい汗をかきながら掃除もできるし・・・
5月から6月末までチェンマイの対象のあるゴルフ場では、ゴルフフェスティバルが開催されていて、
いつものグリーンフィーがとってもお安くなります
是非是非、この機会にゴルフを楽しんでみてはいかがでしょうか。
もちろんゴルフ場にTEE-OFF時間を確認できるので、お気軽に ご連絡下さい。

まだ雨も降らない(夕立はありますが)いい季節である今の時期にピッタリのレストランをご紹介します。
チェンマイにお住まいの方は、一度は行かれたことがあると思いますが、
チェンマイ大学の裏口の通りをずっと奥まで直進をしていくと山道に入ります。
それをまた更に直進をしていくと左折をするところが有り、そのまま進んでいくと今回ご紹介のお店が見えてきます。
もうここでお分かりの方も多いと思います
そうです、Galae(ガーレー)という老舗レストランです。
かれこれ30年は営業をしていると言われるGalaeレストラン。
以前(弊社のスタッフが学生の時代だった頃)は、レストランに行く手前にある貯水池がデートスポットだったようで
多くの若者達が貯水池に集まっていたそうです
今は、危険だからかその貯水池の周りを歩くことは禁止されてしまい立ち入り禁止となっています
Galaeレストランからも貯水池が眺められますが、夜になってしまうと真っ暗なのでよく見えません。
ですので夕方に行くのがお勧め。貯水池の向こうにはチェンマイ市内を見渡すことが出来るのでGood View
とってもお勧めです!!
Galae レストラン正面  Galae メニュー

Galae 貯水池とチェンマイ市内風景  Galae 店内雰囲気  Galae 店内雰囲気2
貯水池の向こうにチェンマイ市内の風景が見えます!

Galae 庭  Galae 庭2  Galae 店内雰囲気3
お庭の敷地内にはたくさんのお花が植えられています。

Galae テーブル  Galae 食事
この日は、オフィスのみんなとのディナーだったので、私たちのテーブルです。
ガーデンテーブルだけでなく、室内のテーブルもありますよ。
お食事もタイ料理・北タイ料理・西洋料理と種類も豊富で美味しいです

皆さまも是非是非山の上にあるGalaeレストランでお食事をお楽しみ下さい。
ランチもやっていますよ
スポンサーサイト
皆さま、こんにちは
つい先週5月5日は子どもの日ですね。タイでは、子どもの日は1月の第2週の土曜日と決められているので、子どもの日ではなかったのですが、現国王の冠戴日記念日のため祝日でした。
ちょうど今年は5月1日メーデーが金曜日だったため、5月4日を臨時祝日にして連休に
とても暑いので海水浴に行った人達が多く、バンコクからパタヤまで行くのに何時間も渋滞だったそうです。。。
我が家はどこにも行かずチェンマイで過ごしていました
すごく天気が良すぎるので、1日に何回も洗濯をしたり、掃除をしたりして家の中をすっきりさせていました。
私は良い汗をかきながらせっせと家事をしていると「ママ、ここが痛い。」と耳の下を押さえながら息子が言ってきたので、その日は様子を見ることに。それから痛さがひいたのか何事もなかったように遊びに夢中になっているので
大丈夫かと思っていたら、翌日「痛い。」と泣きながら訴えてきたので顔を見ると昨日より腫上がっているではありませんか。「それじゃ、病院に行こうね。」と朝から病院へ。なんかの菌による痛みのようで、抗生剤を処方をしてもらい終了。
折角外出をしたので、このままどこか行こうということになり、暑いからエアコンの効いたお店に行こうと思ったのですが、折角なので自然の中でゆったりできるカフェにしようと思い、「Lhong-pa」というカフェに行くことにしました。

カフェの場所は、メーサーエレファントキャンプに行く途中にカフェへの入り口のソイ(小道)があるので
そこを曲がります。そして、ちょっとした坂道を上り、まだかな?まだかな?と思うくらい山道を進んでいくと
カフェが見えてきます
こんな所にカフェが??と思うくらい山の中にあるので、あきらめず前進して行って下さい。
Lhong-pa 正面入り口  Lhong-pa 看板

駐車場も敷地内にあるので、とても便利ですよ
もちろん、停車できないこともあるのですが、その時は、店前の山道に停車することも可能です。

この日は祝日だったのとお昼の12時半頃だったからか、まだお客さんがあまり来店していなかったので好きな座席を自由に選ぶことが出来ました
自然を堪能しようと思ってきたのですが、ちょうど室内のソファー席が空いていたので、そこに決定
Lhong-pa 室内ソファー
座席に座るなりゴロ~ンと横になるわが息子。室内と言ってもオープンドアーでエアコンはありません。
だからあちらこちらで扇風機が大活躍。
その他の座席はこんな感じです
Lhong-pa ベンチ  Lhong-pa 庭テーブル  Lhong-pa 庭テーブル2
広い庭の中にテーブルが設けられているので、自分達が好きな場所を選ぶことが出来ます。

そして、私たちが選んだソファー席の近く、カフェの真ん中に注文カウンターが有り、そこですべての注文をします。
メニューもそのカウンターにしかないので、必ずカウンターに行かないとメニューを見ることが出来ないので、
そこはちょっと不便ですが
Lhong-pa 注文カウンター  Lhong-pa 中央カウンター
そして、この注文カウンターでドリンクのすべてがその場で作られます
そうそう、今回ここを選んだもう一つの理由を思い出しましたそれは、美味しいコーヒーと食事を一緒に頂ける事。
自然に囲まれながら、のんびりしながら美味しいコーヒーを頂きたかったので、ここにしました。
エアコンもないし、暑いので、アイスカプチーノを注文。
食事は、エリンギのガパオ炒めとハニートースト
Lhong-pa アイスカプチーノ  Lhong-pa 食事  Lhong-pa ハニートースト
ハニートーストは、どこのお店でも同じような味だったので普通だったのですが、美味しかったのがエリンギのガパオ炒め。エリンギがガパオ炒めに合うのかな?と味見感覚で注文をしたら、それが一番美味しくて意外でした
この番号は?と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、注文をして支払いを終えるとあの番号が渡されます。
その番号でオーダーが入り、注文したものがこの番号の所に運んできてくれるので大切な番号なんです。
今回は、私たちが一番最初のお客さんではなかったのですが1番を渡されました

お料理もコーヒーもお勧めなので、是非行ってみて下さい。
ただ、お庭の席になってしまうと扇風機もないので、暑い時期は「暑さ」を覚悟して行って下さいね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。