チェンマイのツアー会社、ナラツアーから日本人の皆様に北タイ情報をお届け致します。店頭ではお教えしないレストランやカフェ、スパやホテル、その他を”ナラのウラ”でこっそりと皆様にお伝えします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさま、こんにちは
こちらは、タイの旧正月が過ぎ、日中は40℃近く気温が上がり暑い毎日が続いております
しかも低気圧の関係で、ここの数日間嵐のような大雨が降り続いていて、夜は涼しいです
カエルのイラストで思い出したことが一つあります。
チェンマイにはまだまだ自然があふれているのか、それとも我が家が田舎なのか、
我が家の庭にはアマガエルが随分前から住んでいます。
そのアマガエルが「ゴゲッ、ゴゲッ」と鳴くと必ず雨が降っていたので、洗濯物を雨に濡れず助けてもらっていたので
私と夫はそのアマガエルのことを「プアン」(友達)と呼んでいます。
そして、今年の3月に入ってからのことなのですが、乾期の最後の月で雨が一滴も降らない日が続き、
尚且つ庭の水撒きもそんなに頻繁にやらない我が家は地面がカラカラと乾燥しきっていていました
庭に住んでいたプアンのことなどすっかり忘れていた私たち。プアンも耐え切れず水を求めて土を掘り、
我が家の排水溝に辿り着いたようで、ある日から1階のシャワー室から不気味な声が・・・
「グワァ、グワァ、グワァ。」
夜中、寝る前に水を飲みに1階へ降りてきた私は、この音を聞いてビックリ
想像もつかない音から一刻も早く立ち去りたく、急いで水を飲み寝室へ。
翌日朝起きて1階に行っても昨夜の音は聞こえてこない。尚更、私の想像はふくらみ「何だ、何だあの音???」と
色々考えても思いつかない。しかもあの不気味な音は、夜中しか発生しないので日中は聞こえない。
益々怖ろしくなってきて、考えないことにしました。
そうしたら、ある日床掃除をするためシャワー室の水道でモップを洗っていると、
排水溝の受け皿が勝手に浮き上がってきたので、思い切って開けて見るとなんとプアンが
水欲しさに我が家の排水管に住みこんでいたみたい。
正体が判明してからは、シャワー室から不気味な音が聞こえても怖くもなくなりました。
が、息子はプアンを見たにもかかわらずまだ怖いようで、「グワァ、グワァ」と聞くと青ざめてすっ飛んできます
お風呂場って音が膨張するから余計怖いんでしょうね。
この前も幼稚園の宿題をしている最中に「分からない。やりたくない。」と文句を言っていたのに、
プアンの声を聞いてから「しー、ママ静かにして。」と黙って宿題をするようになりました
プアンの不気味声に感謝です

話は変わりますが、先週の土曜日に起きたネパールの大地震で多くの方が被害に遭われ、
現在も救出が続けられております。この地震でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りすると共に
一日も早い復興を願っております。
スポンサーサイト
皆様、こんにちは
日本の東京では、ちょうど先週が桜の見頃だったようですね
これから東北方面の桜もどんどん咲いていくのではないでしょうか
こちらはここ最近、急に気温が高くなり、ジリジリと日差しも強くなって夏本番に近づいてまいりました
それもそのはず、来週にはタイの旧正月であるソンクラーン なのです。
街中では、水鉄砲があちらこちらで販売されています。
今年のソンクラーンも気温が高くすごく暑くなりそうです
ちょうど今年は、土日がソンクラーン前にあるので5日間の連休
弊社のスタッフもそれぞれの実家に帰省をするため、今週の日曜日よりお休みを頂きます。
ただ、今年は季節風の関係で例年にない大雨が昨日も降りました。明日以降、雨模様が増すようなので、
雨の中の水掛か祭りになりそうですが、それでもお祭り好きなタイ人は水鉄砲を片手に街中に乗り出しそうです!

今は、水掛け祭りとして注目をされているソンクラーンですが、タイ人にとっては大切なお正月です。
4月13日から15日まで新年を祝うためお寺に行く人も多くいます。
チェンマイでは、旧市内にあるワット・プラシン(プラシン寺院)のご本尊がこの期間にお寺の外に出され、
4月13日にターペー通りをパレードをするのが恒例となっています。
そのパレードで参加者は、ナームソンポイという聖水をご本尊にかけ旧正月を祝います。
私も一度はこのパレードに参列をしてみたいと思っていたのですが、毎年ソンクラーンは家に引きこもるため
ターペー通りにも行かずテレビでパレードの様子を見ているだけだったのですが、
今年は子どもも大きくなったので人混みにまぎれて参列をしてみようかと思っています。
皆様も一度はチェンマイの水掛祭りにお越し下さいね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。