チェンマイのツアー会社、ナラツアーから日本人の皆様に北タイ情報をお届け致します。店頭ではお教えしないレストランやカフェ、スパやホテル、その他を”ナラのウラ”でこっそりと皆様にお伝えします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、アオキです

今日はカフェのご紹介
普段タイ料理ばかりで、油肉油油肉・・・
な生活をしているので、
たまには体に優しいものを食べたい
と思って友人と訪れたオーガニックカフェ
パンダウ
オーナーはとっても気さくな日本人女性でした

私達が食べたのはこちら
サモサ
サモサ
ホクホクのおいもが美味しい!!
トマトの甘みが優しいソースと一緒に

納豆サラダ
納豆サラダ
日本の納豆ではなくてミャンマー風納豆
日本のに比べて香りはきつくなく、
納豆嫌いでも食べれると思われます

オムレツ
野菜オムレツ
卵も野菜もしっかり素材の味

ポテト
ハッシュブラウンポテト
恐らく皮ごと使っているポテトの味がしっかり
モチモチした触感がたまりません

カルボ
カルボナーラ
クリーミーで優しい味のカルボです


今回は単品での食事でしたが、
パンダウのオススメメニューは
ゴールデン・トライアングル コースメニュー」だそうです
コースメニューの内容はこちら
*******************************
お飲み物
 山のお茶

前菜
 シャン州茶葉の漬物と豆腐の和え物
 雲南省の胡桃、みたらし味
 ミャンマー風サモサ

野菜料理
 山のトムヤムスープ、味噌仕立て
 山岳民族風ラタトゥイユ、生姜ドレッシング

メイン
 蒸ティラピア、カチン族の薬草包み
       または
 黒鶏の煮込み、山岳民族の薬草入り
 
 カチン族コンニャクサラダ
 有機紫米

デザート
 アップル・クランブル、クリーム添え

   ※要予約/084-933-6404(日本語)

*********************************

その辺のお店では食べられないものばかり
そして体にも優しいお料理達
チェンマイにいらしたら是非
アオキのオススメカフェでした
スポンサーサイト
こんにちは、アオキです

チェンマイは気候も良くて物価も安くて暮らしやすい街
しかしそんなチェンマイも物価の高騰がじわりじわり

私が初めてチェンマイを訪れた10年前
当時の乗り合いバス「ソンテオ」は、
基本10THB
近場で大人数であれば5THBが可能だったりしました
しかし・・・
現在のチェンマイでのソンテオの相場は
基本20THB
ガソリン代が高騰しているのですーーー
3年前にバイクを購入した当時、
私の使っているガソリンは1ℓ30THB前後でした
が・・・・・・
現在45THB程
一時期ガソリン代が下がったときには
ガソリンスタンドは行列
ガソリンによっては売り切れ
私も4件目でようやく給油できたなんて日もありました
時々ソンテオを待っている西洋の方なんかが
「20THB高い」と言っているのを見かけますが、
いやいや、それ以下にしたら利益でないよ・・・
などとソンテオのおじさんが可愛そうになる今日この頃・・・

ガソリンだけでなく、食料の値段も上がっています
屋台やタイ料理の食堂では、
10年前は20THBが普通でした
今では25THBだったら安い
30THBやそれ以上でも普通・・・

値上がった額も日本の生活からしたら大した額ではないかもしれない
でもこちらで暮らす人々にとっては深刻な値上げです
今後どうなってしまうのでしょう、チェンマイの物価・・・
なんてことを考えたりする今日この頃
こんにちは、アオキです

私が思うに、タイ人はとにかく外出大好き
本気で仕事をして疲れ果てて帰って寝るだけの私達日本人とは違い、
仕事が終わればエアロビやジムにいくだとか、
もしくは当ても無く遊びに行ったりもします、ほぼ毎日
その中でも大好きなのが「ナイトマーケット」です
「タノンコンドゥーン(歩行者天国)」と呼ばれるナイトマーケットは
探せば毎日どこかでやっているのです

日曜:サンデーマーケット
チェンマイのナイトマーケットの代表格ですね
売っているもの自体は他のナイトマーケットとさほど変わりないのですが
何と言ってもその規模の大きさ、ターペー門という立地のよさから、
タイ人だけでなく外国人にも大人気のマーケットです。
独特なタイ人の好みが見えてくるような品揃え
民族衣装が売られていたり、
お土産用に作られたChiangMaiTシャツが売られていたり、
旅行者に大人気のタイパンツなども売られています。
おやつやおつまみなども沢山売られていて、
買い食いもまた楽しみの一つ

土曜:サタデーマーケット
基本的に売っているものはサンデーマーケットと
あまり差がありません。
が、規模は小さいのでサンデーのように
人でごった返すような事もなく
割と見やすい、歩きやすいマーケットです
人酔いしてしまうから人ごみはちょっと・・・
という方は、サンデーよりサタデーをお勧めします

水曜・木曜:カムティアンナイトマーケット
タイにはロータスという大型スーパーがありますが、
そのカムティアン支店の一角に出るナイトマーケット
こちらは思いっきりタイ人の為のマーケットという感じで、
若者向けの洋服やサンダル、
タイでもブームの韓国化粧品などが売られています
外国人である私達が楽しいのは、なんと言っても食べ物です
夕飯のおかずから、おつまみやおやつまで、
何でも揃っています
日本でも使えるような物を買いたいのに・・・という方は、
ロータスのお向かいにあるJJマーケットもお勧めです
こちらはナイトマーケットではなく日中も開いている
オシャレなショッピングモール
日本人デザイナーのお店もあり、
チェンマイでは珍しくセンスの良いものがそろうモールです
JJで買い物した後にスーパーを覗いて
最後にナイトマーケットで夕飯やおつまみを調達
なんていうコースもお勧めです

毎日:ワローロット市場
チェンマイ一大きな市場、ワローロット市場は
夜も毎日開かれています
朝から夕方までのお店と、夕方から夜遅くまでのお店と
時間帯で出るお店が違います
洋服や食べ物がメインですが、
小さなペットショップ(?)があったり、
意味の分からない雑貨が売られていたりもします

遠いところまで行けば、
この他にももっと沢山のナイトマーケットがあります。
チェンマイにいらした際にはナイトマーケット、是非覗いてみてくださいね
ロイガトン縮小

タイのお祭りといえば、
4月の「ソンクラーン」と
11月の「ローイグラトーン」が有名ですが、
今日はローイグラトーンについて

旧暦12月の満月の夜
川の精霊への感謝を込めて川に灯籠(グラトーン)を流し、
ブッダへの感謝と願いを込めて空に熱気球(コムローイ)を放つ。
ローイグラトーンはこの熱気球が幻想的で
これを見る為にチェンマイまでご旅行される方も沢山いらっしゃいます
ナラツアーでも今年もを催行しますが、
イーペンサンサイ」と呼ばれる
同時に数百数千の熱気球をあげる催しは、特に人気があります
数えられる程度の熱気球でも
きれいだなーと思うのに、
それが空を埋め尽くすほど、
数え切れないほど空に舞うのだから、
それはそれは美しいです

が、皆様グラトーンを忘れてはいませんか
そうです、川の精霊に感謝を込めて流すグラトーンです
正直コムローイに比べ地味ですが
こちらも美しいんですよ

グラトーンはバナナの幹を土台とし、
そこにバナナの葉や花、ろうそくなどで装飾をしていきます

グラトーン土台縮小土台縮小グラトーン完成縮小

このような感じで、自分で作る事ももちろん出来ます
手先に自信がない方は、時期になると市場や川沿いで出来たものを購入できます

パングラトーン縮小

最近ではパンでできたグラトーンなんかもあります
このグラトーンにろうそくで火を灯し、
時には中にお賽銭のような形でお金をいれて
川に流します
転々と流れていく沢山のグラトーンもとても美しいのです

ローイグラトーンでチェンマイにいらっしゃる予定の皆様、
今年はお気に入りのグラトーンを見つけて流してみませんか
こんにちは、アオキです

タイの季節は3つに分かれています
今は雨季(6月~9月)
なはずなのですが・・・
今年はまだほとんど雨が降っていません
例年はスコールで一気に雨が降り、
排水の悪いチェンマイでは所々で
小さな洪水が起こります
足首まで浸かるのは日常だったりしますが
翌日にはいつの間にか水が引いている、という繰り返し
雨が降ると気温が下がり、涼しくて過ごしやすくなるのですが、
今年は涼しいを通り越して、冷える冷える・・・
長袖を着る事もしばしばです
この時期チェンマイにご旅行をお考えの方は、
パーカーなど羽織物をお持ちになる事をお勧めします

ちなみに雨季以外の季節は、
3月~5月=暑季
日本の真夏より暑いです
ジメジメ感はあまりないですが、
毎日35度を超え、時には40度に達する事もあります
とにかくジリジリ痛いほど暑い
バイクで受ける風は熱風
とにかく水分が無いと居られない
1日に何度も水シャワーをあびたくなる季節
日中は外に出るのも辛いほどですが
ドリアンやマンゴーはこの時期が旬
とっても美味しいのです
そして有名な「ソンクラーン」が
行われるのもこの時期です

10月~2月=乾季
1年の中で一番過ごしやすい季節
日中は多少暑いですが、朝晩は寒いです
でも雨が降る事もめったに無いですし、
観光には適した季節です
「ローイグラトーン」もこの時期です

それぞれの季節の楽しみをチェンマイへ見つけに来て頂けたらなと思います
こんにちは、アオキです
タイに来た当初から気になっており、
今でも「うーん・・・」と思う
タイ人の食事について。

タイの主食はごはんですが、
日本と同じくパンや麺類も沢山あります
が・・・
タイ人の感覚=パンはお菓子である
なのです
朝食にパンを食べる私にタイ人は、
「朝からお菓子だけ
ちゃんとご飯食べた方がいいよ」
と、とても優しいけれど理解不能な言葉をかけてくれます
そして、自分達はご飯の直後におやつとしてパンを食べてたりします・・・
炭水化物、摂りすぎですよ

屋台や食堂に乾燥唐辛子や
生の唐辛子、にんにくなどが置いてあって、
(七味みたいのではなく、まんま唐辛子です)
それをかじりつつ食事をするタイの人々
いくら辛いのが好きだからって・・・
でも、私の日本人の友人にも、
生唐辛子をかじってタイ料理を楽しんでいる子がいました
辛いのが好きな人にはたまらないんでしょうね、きっと

あと、わからないを超えて笑うしかない事
田舎の方に行くと特にかと思いますが、
お客様には沢山ご飯を食べてもらうのが良い事とされています。
日本でもそれは同じ気がするのですが・・・
山の中で農業を営むお宅にホームステイさせて頂いた時の事。
そのしきたりに従ってご飯をよそられ続け、
1回で食べたご飯の量が日本のお茶碗5杯は軽く越えた
何て事もありました
それが1日3回・・・
まぁ、タイのご飯は日本のような粘り気がなくて
もともと食べられてしまうものなのですけどね。
それに彼らは農業をしていて
朝から晩まで体力仕事
太ったりしないんです
でも畑仕事に一緒に行かない私の体重は
たったの数日で恐ろしい事に・・・

多くのタイ人にとってお刺身を食べる日本人が信じられないのも
こういう感覚なのでしょうか。
違う国に暮らすと、自分が当たり前だと思っていた事は、
他の人にとっては当たり前でない事が結構多いと気付かされます。
せっかくタイに住まわせてもらっているのだから、
そのギャップも楽しんで過ごしたいなと思う今日この頃です
ダラデヴィ縮小

こんにちは、アオキです
憧れのホテル「マンダリンオリエンタル・ダラデヴィ」より、
8月限定のお食事、スイーツプロモーション情報が入りましたので
ご紹介いたします

*****************************************************
MOTHER'S DAY BRUNCH IN STYLE
12/AUG/2012 AT AKALIGO
12.00-15.00
THB 1,400 PER PERSON

MOON CAKE FESTIVAL
15/AUG/2012-30/SEP/2012
AT ORIENTAL SHOP 10.00-21.00
AT FUJIAN 11.30-14.30 AND 18.30-22.30

FRENCH SUMMER CUISINE
1/JUL/2012-30/SEP/2012
AT FARANG SES 18.00-22.30

SOFT SHELL CRAB THE FUJIAN WAY
1-31/AUG/2012
AT FUJIAN
11.30-14.30 AND 148.30-22.30
THB 580 PER PORTION

ABSOLUTELY AWESOME APPLE CRUMBLE
1-31/AUG/2012
AT ORIENTAL SHOP 10.00-21.00THB 110 PER SET

ご予約・お問合せ:TEL 053-888-888
    E-MAIL Boondarw@mohg.com
*********************************************************

この機会にダラデヴィのお食事と雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか

こんにちは、アオキです
タイの友人から、「犬を飼うんだけどなんて名前にしよう・・・」
と言われ、一緒に考えています

タイ人は本名が長かったりするので誰でもあだ名を持っているのですが、
それが結構衝撃的なのです
日本人であれば、名前や苗字に近いあだ名が多いと思うのですが、
タイ人の多くはとっても個性的なあだ名です・・・

私が初めてタイに来て衝撃だったのは、
「ムー(ブタ)」
「ウアン(太っている)」
というあだ名・・・
何も知らない私は、
「タイ人てきついなー・・・」と思ったものです
でもタイでは痩せているより太っている方が良いとも言われます
元気な証拠とでも言いましょうか
痩せるとものすごく心配されます
なので、これらのあだ名も特に問題がないのです

可愛いなと思うあだ名も沢山あります
例えば・・・
「メーオ(猫)」
「ノック(鳥)」
「ダーオ(星)」
「ファー(空)」
「エップン(りんご)」
「ソム(みかん)」
この辺りは女の子に付けられるあだ名で、
なんだか可愛いのです

男の子に多いあだ名は・・・
「エーク(一番)」
「トン(木)」
「ゲン(上手)」
「トー(大きい)」
などがあります

色黒の子は「ダム(黒い)」と呼ばれたり、
小さい子は「レック(小さい)」だったり、
そのまま・・・なあだ名は分かりやすいですけど、
「クン(エビ)」とかいうあだ名の人に会うと、
「この人はエビに似てると思われているのだろうか・・・」
など、どうでも良いことを考えてしまうアオキです

タイにいらした際には、
あだ名をつけてもらうと面白いかもしれませんよ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。