チェンマイのツアー会社、ナラツアーから日本人の皆様に北タイ情報をお届け致します。店頭ではお教えしないレストランやカフェ、スパやホテル、その他を”ナラのウラ”でこっそりと皆様にお伝えします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インドカレー縮小

昔からなぜか好きで仕方ないインドカレー
チェンマイに来る前は、
「もう美味しいインドカレーを週1で食べるなんてできないんだ
なんて思って、ひたすら当時の職場近くのインド・ネパールカレー屋さんに
足を運んだものでした

しかし、チェンマイには意外と何でもあるんです
インド料理、イタリアン、フレンチ、日本料理、
ミャンマー料理、中華、韓国、ベトナムなどなど・・・
そして美味しいのに安いんです

タイに遊びにきたは良いけれど、
タイ料理が合わなかった・・・
タイに長居しすぎてそろそろ飽きてきた・・・
そんな方に美味しいお店をご紹介いたします

インド料理なら・・・
ナラツアー目の前のお店
カレーに合ったナンを紹介してくれます
写真のカレーはコロッケみたいのが入っていて
ボリュームたっぷり
ナンと合わせても150THB(400円~450円程)

ベトナム料理なら・・・
チェンマイ大学正門前のお店
夕飯時にはいつも満席
ネームヌアンがとても美味しいのです
《ネームヌアン=豚ソーセージ、スターフルーツ、にんにく、ハーブ、そうめんの麺などを
ライスペーパーで包んで食べる料理》

雲南料理
トンパヨーム市場の近くにある「バミーハーリアン」
雲南の麺料理「カノムセン・ユンナーン」、絶品です
ひよこ豆で作った豆腐を揚げて作った
「カオフーン・トート」、これもトロットロの豆腐が絶品
どれも1皿30THB(80円位)程度でこの美味しさ

イタリアンなら・・・

サンデーマーケットの通りの中に
「ガートクランウィアン」という
食堂やカフェが集結したところがあります
その中にある「ジラソーレ」というお店
パスタもピザも日本のレストランで食べるのと同じくらい美味しいです
オススメは「イカ墨パスタ」と「ティラミス」

また美味しいお店を見つけたら
ご紹介したいと思います
スポンサーサイト
こんにちは、アオキです
今日もおやつです

カオニャオ・マムアン
カオマム縮小

旅行者にとってタイスイーツの定番となりつつあるこちら
カオニャオ=もち米、マムアン=マンゴー
そのままです
炊いたもち米の上に、
熟したマンゴー、ココナッツミルク、煎った緑豆をかけて食べます
この組み合わせ、本当に美味しいんですよー

ちなみに、「カオニャオ・トゥリアン」というのもあるんです
カオトゥリ縮小

そう、もち米の上にドリアンソースが・・・
でも、これもスイーツ好きにはたまらない濃厚な甘さ
臭くないのでお試しあれ
個人的には、旧市街のユッパラート学校の目の前にあるお店が好きです。
ものすごいスピードでマンゴーの皮を剥いてくれます
そしてここのカオニャオ・トゥリアンは絶品
マンゴーは結構どこにでも売っているけれど、
ドリアンの方は売っているお店は少ないので、
行く機会があれば是非お試しくださいね
こんにちは、アオキです
今日は大好きなタイスイーツです
タイスイーツのほとんどはココナッツミルクが使われており、甘い甘い
でもその甘さが病みつきになったりするんですーーー

チャオクワイ
チャオクワイ縮小

仙草ゼリーです
真っ黒なゼリーで一見美味しそうとは思えないのですが・・・
食べてみると、こんにゃくゼリーみたいな噛み心地
あの独特な味わいに慣れると
やみつきになります
お店によってはミルクやコーヒーに入れて出しているところもありますが、
基本は薄ーいシロップと一緒に器に入れ、上に黒砂糖をかけて出しています

カノム・ターン
カノムターン縮小

こちら、椰子の実の一種「ルークターン」で作ったお菓子
蒸しパンのようなお菓子で、
ルークターンから出される真黄色な色合いがキレイです
いやしかし、甘い甘い・・・


ガラメ
ガラメ縮小

タイ版キャラメルと言われることが多いですが、
わたしは勝手にタイ版ウイロウだと思っております
初めて食べたときは、正直美味しいと思えませんでしたが、
味によって結構ハマることがわかりました
私のオススメはドリアン味、上にゴマが乗っかったタイプ(何味か不明・・・)
その他にもイチゴ、コーヒーなどの味があります
最近は個包装も売られていますが、
個人的には昔ながらのバナナの葉を乾燥させたもの(多分・・・)
に包まれて売られているほうが美味しいと思います

どれもチェンマイの市場で手に入るお菓子です
皆様も是非

青マンゴー縮小


こんにちは、アオキです
先日もライチの話ラムヤイの話を書きましたが、
タイの果物は本当に種類豊富で美味しいんです
その中でも特に人気なのがマンゴー=マムアン(タイ語)です
マンゴーと言っても、日本でよく目にする黄色く熟したものだけじゃないんです
こちらの人々は、黄色より青いマンゴーを好んで食べています
青マンゴーは、酸っぱいものとほんのり甘くて淡白なものとあります
そして・・・タレやら唐辛子やらをつけて食べるのです
何にでも唐辛子なのね、この人達・・・と思っていましたが、
食べてみると意外と合うんです、この組み合わせ

青いマンゴーにつけるタレ・粉達はこちら

ナンプラーワーン
ナンプラーワーン縮小

甘辛の味
小エビが入っていますが、
お店によってエビの香りがして
美味しいところは本当に美味しいです、このタレ

ガピ
ガピ縮小

なんだかおかしな写真ですが・・・
ガピとは小魚などをつぶして発酵させたものを
ペースト状にしたものです
それと唐辛子を混ぜると何とも不思議な味に・・・
臭いが若干・・・
多分好きと嫌いにはっきり分かれると思います

プリックグルア
プリックグルア縮小

こちら、唐辛子・砂糖・塩を混ぜたもの
簡単なので、日本でも試す事ができそうです

ブワイ
ブアイ縮小

こちら、梅の粉に砂糖を混ぜたもの
グアバにも良く合います
甘酸っぱくて美味しいので、
これだけで舐めている子どもをたまに見かけます・・・

プリックペット
プリックペット縮小

THE・唐辛子
すっぱいマンゴーにつけて、
ヒーヒー言いながら食べているタイ人を見ると・・・
なぜそこまで体を張ってマンゴーを食べるのか
と、ちょっと尊敬の域です・・・

プリックトゥアナオ
プリックペットに乾燥納豆を焼いて砕いたものを混ぜてあります
これを置いているお店はとっても稀です
というか、稀過ぎて写真が入手できませんでした・・・
実はこれ、マンゴーにつけるより
ふりかけにした方が美味しいです

日本ではなかなか食べれないであろう青マンゴー
チェンマイにいらした際には是非お試し下さい
こんにちは、アオキです
未だにあまり雨が降らないチェンマイです
そのせいで毎日暑い
しかし先日WEB内にある温度計、東京は32度
きっと日本はムシムシ嫌な暑さだと思います
皆様、体調管理にお気をつけ下さい

さてさて、以前ライチの話をしましたが、
今日はラムヤイ(龍眼)
昨日市場へ行ってみるとライチの姿はありませんでした
その代わりに出始めたのがラムヤイ
毎年ライチと入れ替わりに出回るのですが、
実はラムヤイの木は普通の民家にもあったりして、
子ども達がもいで食べる姿もよく見られます

市場で買うと、1キロ25~50THB程
ライチに比べ、断然安いです
こんな感じで売られています
ラムヤイ縮小


皮を剥くとこんな感じ(ぼやけててすみません)
ラムヤイ中身縮小

ライチと似てますね

酸味はなく、甘くて美味しいんですよーーー
タイって何故美味しいものばかりなんでしょう・・・
料理もおやつも果物も、全て美味しいなんてずる過ぎる
おかげでこちらに来てから何キロ太った事か・・・
皆様に紹介したい美味しいものがありすぎて
困っている今日この頃です
こんにちは、アオキです
昨日の夜からどうしてもジャンクフードが食べたくなり、
朝起きてもその思いは変わらず・・・
なので、お昼はマックへ行ってきました

タイのマックでは、ワーイ(合掌)をしたドナルドがお出迎え
ドナルド縮小


よく見てください、この顔・・・
眠れなくなるくらい怖い
怖い顔縮小

タイのマックにはハンバーガー以外に、
ご飯メニューがあるんです
実はマックだけでなく、ケンタッキーなんかでも
ご飯メニューがあったりします
ジャンクフード目当てで来たはずなのに、
うっかりずっと気になっていたご飯メニューを注文してしまいました・・・

で、出てきたものがです
ご飯メニュー縮小

ご飯なのにコーラ
そしてレタスを刻んだだけのサラダには
ゴマドレッシングがかかっていました。
鳥のから揚げのタレは、テリヤキバーガーのタレ
そう、ご存知の方も多いと思いますが、
海外でもテリヤキバーガーは「サムライバーガー」と呼ばれ、
人気があるのです

このお弁当風を食べても
なんだか満足しなかったので、デザートを買いに再びレジへ
パイナップルパイですーーー
パインパイ縮小

日本ではホットアップルパイですが、
こちらは南国を意識した(?)パイナップル

ジャンクフードが食べたくなったら、
タイのマック試して見てください
でも、やっぱりマックはハンバーガーと思うアオキでした
こんにちは、アオキです
最近何故か麺ばかり食べたくて仕方ないんです
なので今日はその一部をご紹介します

クイッティアオ
クイッティアオ縮小


おなじみの米麺でできたタイラーメン
麺は極細麺/細麺/太麺/春雨から、
スープはあっさり/こっくり/辛目のトムヤムから選べます
スープなしというのもあります
ちなみにこっくりスープの秘訣は・・・豚の血です
びっくりしますが、食べてみるとこっくりまったり、美味しいんです
私のオススメは、チェンマイ大学の裏にある
「クイッティアオ・スコータイ」
かなりひっそり佇んでいますが、
地元のお客さんでいつも混み合っています
お近くに行かれた際は是非

パッタイ
パッタイ縮小


こちらも人気のタイ料理
米麺と野菜、小エビなどを炒めたタイ風焼きそばです
どこにでもある料理こそ、
お店によって美味しい、美味しくないの差が歴然・・・
私のオススメはチェンマイ門のお堀内側に夜だけ出ている屋台
ここ、付け合せにバナナの花があるんです
しゃくしゃくしててパッタイにも良く合って、美味しいんですーー

カノムジーン(カノムセン)

カノムセン縮小

日本で言うそうめんの麺です
それに「ナムギアオ」(ちょっと発音違いますが・・・)⇒辛目のスープ
「ナムヤー」⇒甘辛いスープ
や、グリーンカレーなどをかけて食べます
これにたっぷりの野菜、漬物をのせて・・・
これにケープムーと呼ばれる豚の皮揚げをかじって・・・
おいしいですーー
お酒の後にカノムセン

カオソーイ
カオソーイ縮小

北タイの麺料理
カレー味のスープがかかった太目の麺で、
付け合せのライム・漬物・小玉ねぎを入れて混ぜて食べます
ナイトバザール近くのイスラム地区とファーハーム地区が有名ですが、
他にも美味しいお店はあるんですよ
サンティタム地区、チェンマイロッジ近くのお店は
辛すぎず、美味しいです
お昼ギリギリに行くと既に売り切れているので、
ブランチくらいで行くのがオススメです

気になる麺がある方、
是非チェンマイで召し上がってみてください
先日ご紹介しました
ラリンジンダ・ウェルネススパ
ホテルプロモーションご利用のお客様は
スパ料金が20%OFFになりますとお伝えしました
ので、今日はスタッフさんオススメトリートメントをご紹介します

1:アーユルベティック・ハイダウェイ 120min/3,500THB⇒ホテルプロモご利用の方は2,800THB
アーユル縮小

温めたオイルを額から垂らし
心身の緊張を和らげるトリートメント、シロダラ
専属医が1人1人の体にぴったりのオイルを選んでくれます
 〈メニュー〉-グアバ・フットポリッシュ
       -シロダラ・トリートメント
       -首、髪、頭皮のオイルマッサージ
       -インディアン・オイル・マッサージ


2:エレメンツ・オブ・ライフ 90min/1,800THB⇒ホテルプロモご利用の方は1,440THB
エレメンツ縮小

温かいコーク石-熱を貯めておける特別な石-
の上で受ける極上トリートメント。
チベッタンベル使用で、音から神経を緩めていく珍しいトリートメント
〈メニュー〉-ハーバル・フットソーク      
-グアバ・フットポリッシュ
       -コーク石のベッドセラピー
       -チベット式サウンドセラピー
-イースト・ミーツ・ウェスト・ボディマッサージ
       -冷たいバラのボディフレッシュ

3:ホットストーン・マッサージ 90min/2,500THB⇒ほてるプロモご利用の方は2,000THB
ホットストーン縮小 マッサージルーム縮小

温めた石で体の芯からじんわりほぐしていくトリートメント。
代謝やリンパの流れが良くなりコリもほぐれていきます。


この他にも、水圧シャワーでのマッサージ、
「ヴィッキー・シャワーマッサージ」
ヴィッキー縮小


色彩療法と水圧シャワーの
「ハイドロタブ・セラピー」
ジャグジー縮小 色彩縮小


好きなオイルを選べる
「アロマオイル・マッサージ」
オイル縮小

デトックスサウナ
サウナ縮小

半日トリートメントでは最上階のラリンジンダ・ヴィラで。
屋外ジャグジーも利用できます(もちろん外からは見えません)
ヴィラジャグジー縮小


などなど、色々なトリートメントが
用意されているラリンジンダ・ウェルネススパ
もちろんスパのみでもご利用できます
(市内のみ送迎あり/要予約)
ホテルで、スパで、癒されたいですね
この機会にご利用されてはいかがですか
RrinJinda Welness Spa

数々の賞を受賞している事で有名なラリンジンダ・ウェルネススパのホテルが、
10月末までDELUXE PROMOを行っています
デラックスルーム 通常4,900THB3,300THB
こちらのプロモーションご利用のお客様には、

☆朝食付き(併設DECK1にてビュッフェ様式)
☆SPA 20%off(インド人医師による無料診断あり)
☆併設レストランDECK1 10%off
☆ウェルカムドリンク+ウェルカムフルーツあり
☆フィットネス・ヨガ無料

の特典が付いています
また、リクエストで空港送迎も付ける事ができるそうです

ラリンジンダはピン川沿いに立つリゾートホテル
観光にも便利な場所ですが、
ホテルの中はとっても静かです

チーク材で立てられた140年前の民家(雰囲気出てます)を
そのまま利用したレセプションに入ると、
なんだかいい香りが漂います
ホテルの各所にはリラックス効果のあるお香が焚かれているそう
チーク縮小


今回プロモーションになっているのは
ベランダから中庭が見渡せるデラックスルーム
デラックスルーム縮小 リビング縮小 中庭縮小




バス周りもきれいで、女性にはポイント高いです
トイレ


プロモご利用のお客様が無料でご利用になれるフィットネスは
1階に用意されています
フィットネス

朝食会場にもなっているお向かいのレストラン、DECK1
デッキ①
こちらでは北タイ料理もあり、
デザートやカクテルも充実
また、目の前にピン川が流れており、
夜にはランタンの光が灯る中でお食事ができます

この機会にぜひ、ご宿泊されてはいかがでしょうか
次回は特典にもなっているスパもご紹介します

         

こんにちは、アオキです
今日はタイの屋台おやつを載せてみます

ローティー
ローティー縮小


旅行者の多くの人が虜になるおやつ
ピザを作るようにしてうすーく伸ばした生地を油とバターで焼き、
その上にコンデンスミルク+砂糖をこれでもかと言うくらいにかけてくれます
チョコ味を頼んだ日には、更にチョコシロップが・・・
バター・油・砂糖・・・
驚くほどの高カロリーおやつ
なのに夜のおやつです
昼間はめったに見かけませんが、
夜になると色々なところで屋台が出ています
高カロリーだと頭は理解していますが
たまに猛烈に食べたくなるおいしさ
私も23時頃突然食べたくなり、
買いに行く事が・・・・・

カノムパン・イェン
カノムパンイェン


チェンマイにはカフェと同じくらい
ミルク屋さんが人気です
ミルク屋さん
ミルク屋さんではミルクをベースにした飲み物を売っているのですが、
その付け合せで出しているのがパン
一口サイズに切ったトーストに
コンデンスミルクやチョコ、クリームなどをつけて食べる「カノムパン・ピン」と、
写真の「カノムパン・イェン」があります
こちらは一口サイズのパンの上にカキ氷・・・
パンとして売ってるのか、カキ氷なのか・・・
でも美味しいんですよ

アイスクリーム・トート
アイス揚げ縮小 車屋台縮小


こちら、チェンマイでは珍しいのですが、
日本の「アイスてんぷら」的なおやつです
アイスの回りはサクサクの生地になっていて、
上にはたっぷりホイップクリーム
あったかいんだか冷たいんだかわからない、
なんとも不思議なおやつ
アイスはモカ・バニラ・チョコチップ、レモンなどがありました

屋台おやつ、おいしいものが沢山です
チェンマイに来たらぜひ召し上がってみてください
ムーガタ

こんにちは、アオキです
週末に久々に会った友人と「ムーガタ」へ行きました
ムーガタというのは、焼肉と鍋が一つの鍋で食べられる料理(?)で、
大勢でわいわいするのが好きなタイ人が大好きな料理です

写真だと見づらいのですが、
三枚肉(タイ人はこれが大好き)、エビ、イカ、レバー、
肉団子、きのこに空芯菜、白菜、春雨・・・
この辺はどこのムーガタ屋にも揃う基本の具材
これが食べ放題

お店によって出しているものが異なるのが
ご飯やおかず、デザートです
今回私が行ったのは、フアイゲーオ通りの「スコンター」というお店ですが、
ここでは飲み物も飲み放題
チャーハン、辛めのサラダ、揚げ物、スープ、
果物、ケーキ、アイス、タイデザートまでも・・・食べ放題
どんなに食べても199THB

私も食いしん坊ですが、
仲間も相当食いしん坊
なので、テーブルの上はいつもお皿でぎっしり
何が楽しいって、家族や友達と楽しく食事できる事
しかし、終盤になると楽しいが苦しいに変わり、
苦しいが苦痛に変わり・・・
大変な事になります
楽しいからって、食べすぎにはお気をつけ下さい

ホテルの贅沢ブッフェとは違う、
ローカルな食べ放題もたまには楽しいです
どうぞお試し下さい
カレンのいしょう

こんにちは、アオキです
この写真は、もう何年も前にカレン族の村で撮ったものです
カレン族というのは、北タイに住む山岳少数民族のひとつで、
北タイには他にもアカ族、ラフ族、リス族など多数の民族が暮らしています
初めてタイに来た10年前から今まで、
なぜかカレンの村にお世話になる事が多いアオキです
写真の子ども達の洋服はカレンの民族衣装で、
白いワンピース型の衣装は未婚女性用
黒や青いプルオーバーに、模様が編みこまれたスカートは既婚女性用
男性は、赤やピンク地に模様が編みこまれたプルオーバーを着ています
若い世代は、普段民族衣装を着ることはあまりなく、
行事の時だけ、という傾向が強いようです
私達が普段着物を着ないのと同じ感覚ですね
しかし、おじいちゃんおばあちゃんは毎日来ているのが普通のようです


私がお世話になっているカレンの村では
ひとつひとつ、全て手作業で作られている民族衣装

ており2
この写真は手で布を織っているところです
手織りしているこちらは、主にカバン用の布
洋服の場合は機織機を使います
(写真が見つかりませんでした・・・)
女の子達がお年頃になると、
お母さんが機織を教えます
お母さんに見てもらいながら地道な作業を黙々・・・

カレンの刺繍
こちらは、自分達で織った布に独特の刺繍を施したもの
花柄のような刺繍の下の白いぶつぶつ(?)は
木の実です

写真ではうまく伝わらないですが、
全てが手作業でできている民族衣装、
本当にきれいなのです

カレンの人の家はこんな感じです
カレンのいえ
(またわかりにくい写真・・・)

高床式になっていて、家の中には囲炉裏があり
そこで調理をしたり、寒い時期には囲炉裏で暖を取るので
家の下には薪が沢山積まれています

そしてその脇には・・・
クワーイ
こんな家畜が歩いていたりします


タイに来る前は「山岳少数民族」が、
なんだか特別な人たち、私達とは違う人たち
のようなイメージを勝手に持っていましたが、
実際は生活スタイルや食べる物や言葉が違うだけ
たまに日本との違いにびっくりすることもありますが、
(3歳児が器用にナタで野菜を切っていたり・・・
どこの民族でも子どもは可愛いし
若者は恋の話しで盛り上がっているし、
お父さんはたまにお酒飲み過ぎてお母さんに怒られているし、
私達と変わらないなーといつも思います

北タイだからこそ色んな民族の人に出会える機会があります
皆様にも平地で暮らすタイ人の生活、
山で暮らす民族の生活をぜひ見ていただきたいなーと思うアオキです

こんにちは、アオキです

数年前と比べてみると、
チェンマイには沢山のカフェができました
山岳少数民族の村で作られている有機栽培のコーヒー豆を使っているチェーン店を始め、
アカ族の青年が、お母さんの作った豆からコーヒーを入れてくれるお店、
ラテアートの世界選手権で入賞した若者のお店、
タイの伝統菓子と一緒にお茶が飲めるお店、
日本と同じくらい美味しいケーキのお店、
マンゴースイーツだらけのお店、
などなど・・・
沢山の個性的なお店があります

でも、日本でいうカフェごはんができるお店は
意外と少ない気がします
今日はその中で私の好きなお店の一つをご紹介します

グリーンデイズ
ゲストハウスに併設されているこのカフェは、
ロイクロ通りソイ3にあります(ナイトバザール近く)
オープンカフェになっていて
日本語の書籍もたくさんおいてあって、
ボーっとしながら本を読むのが大好きな私には
たまらない場所なんです

もう何度かお邪魔しているのですが、
たまたま写真におさめておいた美味しいごはん達をご紹介しますね

アボガドのサンドウィッチ/黒糖生姜スムージー
黒糖縮小

この日はどうしても美味しいパンと、
体に良さそうなものが食べたかったんです、確か・・・
ここのパンは自家製で、野菜や果物でほんのり色付けしているらしいです
野菜もこれでもかってくらいたっぷりなので、
これだけでもお腹いっぱいです
が、アオキは食いしん坊な為、
更にスムージーを毎回頼んでしまうのです
これが美味しいんですーーー
この日のスムージーは他では絶対に出していない黒糖生姜
甘すぎなくてスッキリ味、好みです

また別の日のごはん
カッテージチーズのカレー/ライチスムージー
チーズの日縮小

カレーのご飯は白米、玄米の他にカシューナッツと干しブドウ入りの
ターメリックライスもあって、好きなものを選べます
ここのカレーはインドカレーよりだと
勝手に思っているアオキです
タイのカレーも大好きなんですが、
インドカレーの方が好きなアオキは
グリーンデイズのカレー、ファンです
で、この日はライチスムージー
安い屋台のライチスムージーは、
美味しいけれどもシロップの味感が拭えません・・・
でもここはちゃーんと生ライチの味

そして、写真ではわかりにくいのですが・・・
ライチスムージー縮小
とにかく大きいのです
はみ出ているどころの騒ぎじゃありません
もう、お腹も心も満たされます

のんびりカフェごはんがお好きな方、
オススメです
こんにちは、アオキです
今日はくだらない話で申し訳ないのですが、
私が気になって仕方ないタイ人の行動を・・・
日本在住の方、どう思いますか
タイ在住の方、頷いていただけますか

中学生、高校生、時には大人の女性でも
普通のワクチンの注射がくて本気で泣きます・・・
予防接種で泣くのは子どもの特権だと思っていた私には
何とも言えない衝撃でした
そして、泣くほど痛くないと思うのは私だけでしょうか

ものすごく美人な女性を含め、
老若男女関わらず、潔さを感じさせるほど
大っぴらに鼻をほじります・・・
初めて見たときは誰にも言ってはいけない気がしましたが
こちらではあまりにも普通の行動なので
それでいいのかもしれないと思い始めたアオキです

コンビニでもスーパーでも
まだ買っていないのに開けて食べてしまう・・・
売ってる果物を捥いで食べてしまう・・・
お腹が空いて仕方がないのだろうか
それとも美味しそうでどうしても今すぐ味見したかったのだろうか
でもちゃんとお金を払っているからいいんだ、
ということにしておこうと思います

他にも・・・
お祭りの時に出る移動遊園地の観覧車が
ものすごく小さくて縮こまらないと座れない・・・とか、
一人でご飯を食べている人は可哀想な人・・・という考え方や
夜中24時過ぎに鳥のから揚げ屋さんに毎日大行列ができていたり・・・とか

本当に謎が多い人達です
でもタイ人にとってはそれが普通だったり当たり前だったり
お国柄って面白い
皆様もタイにいらした際には
色々な違いを見つけてみてください
こんにちは、アオキです
週末にミャンマーのタチレクに行って来ました
チェンマイから車で5時間程行くと、
ミャンマーとの国境の街メーサーイに出ます
アオキが初めてメーサーイに来たのは10年前
当時はそれぞれの国の間に事情があり
国境は閉じられ、街は閑散としていました
が、当時とは別世界
ご存知のように、ミャンマーも変化の真っ只中にあり、
今のミャンマーを見ておきたい、という観光客でいっぱいでした

まずはタイのイミグレーションで
出国手続きを済ませます
ミャンマーへ続く橋を渡り
今度はミャンマーの入国手続きをします
この両国をつなぐ端の下には1本の川が流れています
(向かって右手がタイ側、左手がミャンマー側)
川 縮小


10年前にはこの川を泳いでタイへ入国する人々もいたとききます
違法だと知りながらもこの川を渡らなければならない事情があったのでしょうか
ただの国境間の川ですが、なんだか重いものを感じました
今はどうなのでしょうか

さて、タチレクは国境の街なので
タイバーツが利用でき、
タイ語が通じる人も結構います
ここがミャンマーなのだろうか
タイと変わらない気がする・・・
なんて思ったりもしましたが、
道を渡るときに、妙な違和感
ここはミャンマー、だから右側車線です
(すごくわかりにくい写真でごめんなさい
車線縮小


街中の看板だって、タイ文字と似ているけれど
まったく別物のミャンマー文字
看板 縮小


トゥクトゥクだって、なんだか違う
トゥクトゥク縮小


お昼にクイッティアオ(タイのラーメン、米麺でできています)
だと思って食べたら麺が違う
(ちなみにアオキはモチモチ麺のミャンマー派に1票!)
昼ごはん 縮小


やっぱりここはタイではありませんでした
タイでの生活に慣れたアオキにとっては
とても新鮮な場所、タチレク
タイから少し足を伸ばせば簡単に行く事ができ、
タイとは違う空気を感じられるタチレク
皆様も機会があればぜひ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。