チェンマイのツアー会社、ナラツアーから日本人の皆様に北タイ情報をお届け致します。店頭ではお教えしないレストランやカフェ、スパやホテル、その他を”ナラのウラ”でこっそりと皆様にお伝えします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
腰痛に関するセミナーがチェンマイで開かれます
私も腰痛に悩む一人としてこれは是非参加した~い♪


-----------------------------------------------------------------

参加費無料!!
BNH病院主催
腰痛セミナー『痛みの原因と治療法』&個別相談会

腰痛に苦しんでいませんか?
バンコクで日本人患者の診療経験豊富な脊椎専門医が、
直接相談にのります。この機会に、ぜひご参加ください!(軽食付)

7月4日(日)午前10時受付
セミナー: 午前10時30分~午前11時45分
個別相談会: 午後1時~(1人15分)
場所:3階会議室  マニナラコーンホテル
(Sridonchai Rd,T.Changklan A.Chiangmai Tel:053-999-555)

人数に限りがございます、事前のご予約をお願い致します。
個別相談会参加希望の方は、その旨ご連絡ください。
(診断書、レントゲン・MRI写真をお持ちの方はご持参ください。セカンドオピニオン可)

◆ご予約、ご質問は小野寺まで
kumikoo@bnh.co.th, 089-452-9654


BNH病院
今年で創業112周年を迎えた、バンコクで最も古い私立病院。
バンコクのビジネスの中心街シーロムに位置している。
医師の多くがチュラロンコーン大学医学部を卒業し、
外国で専門医の研修を受けていることが、
上質で高度な診療を可能にしているとの声が高い。
日本人女性による通訳サービスも毎日ある。

-----------------------------------------------------------------


以上、お知らせでした。



ブログランキング参加中です
いつもぽちこっとクリックありがとうございます
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ タイ・ブログランキング キングオブタイブログ


スポンサーサイト
マンダリン・オリエンタル・ダラデヴィよりお得なランチ情報~


image002.jpg

The Fortune Saturday
at Fujian Restaurant

明日6月19日より8月28日までの毎週土曜、中華レストランの Fujian にて
飲茶ビュッフェが799バーツ++で頂けるそうです~

ご予約、お問合せ
TEL  +66 (53) 888 888 Ext. 8548

時間  11:30am-2:30pm


同ホテルのHPによると、こちらのレストランは5月30日-6月16日まで
リノベーションのため、クローズされていたようです。
ということは、私も知らない Fujian に生まれ変わっている!?
久し振りに美味しい飲茶を頂きに行こうかな?


ブログランキング参加中です
いつもぽちこっとクリックありがとうございます
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ タイ・ブログランキング キングオブタイブログ


チェンマイの5つ星ホテルと言えば1、2を争うマンダリン・オリエンタル・ダラ・デヴィ・チェンマイ。
言わずと知れた世界的有名チェーンホテル、マンダリン・オリエンタルグループのホテル。
チェンマイ空港から20分足らず、市内中心部まで約10分と抜群のロケーションにありながら
60エーカーと広大な敷地を持ち、そこにはコロニアル風ビルディングや豪華ヴィラ、贅沢に作られた
ライステラス、チェンマイ市内で最高レベルのタイ料理を味わえるレストランのル・グランド・ランナー
などがあります。

仕事で訪れることはあってもなかなか宿泊するチャンスがない、憧れのリゾートホテル。
それが何と今回は、マンダリン・オリエンタルさまのご好意によりスパへのご招待が届きました
夢にまで見た世界最高レベルのスパを体験させて下さるとの事で、早速先週土曜日にお邪魔して参りました~

CIMG4419.jpg
The Dheva Spa

デヴァ・スパはお隣ミャンマーはマンダレーの宮殿を模した建物で、贅沢な造りのトリートメントルームが
18室あるんだとか。
先ずはスパロビーにて受付。

CIMG4366.jpg
あ~、何コレ!カワイイ!
タイシルクのワンピースの傍に並べられたキャンドルの可愛さに一瞬にして目を奪われました
既にこの時点で夢見心地、一体どんなトリートメントが受けられるのかと期待が高まります。

 100605008 GINGER  HONEY TEA
先ずはソファに腰掛けていると、銀細工のソーサーに乗せられた温かなハニー・ジンジャー・ティーと
冷たいおしぼりが漆塗りのサイドテーブルに運ばれてきました。
このテーブル、頭の中では3年前に訪れたバガン(ミャンマー)へ私をタイムトリップさせてしまいました。

ロビーの時点で目に入る一つ一つに刺激を受けタイムトリップしつつ(笑)、今回受けるトリートメントを
決めなくてはなりません。実は今回のパッケージ、他のスパでは見たことも聞いたこともない贅沢なもの。

タイ在住者向けプロモーション
15種類からお好きなものを組み合わせて2時間パッケージに
Spa Buffet
(料金は最後)

スパ・ビュッフェなんて聞いただけでワクワク♪
メニューはこちら!
 30 mins
 Indian Head Massage 
 30 mins
 Neck and Shoulder
 30 mins
 Facial Massage
 30 mins
 Scalp Massage
 30 mins
 Stop Craving
 30 mins
 Foot Massage
 30 mins
 Leg Massage
 30 mins
 Back Massage
 30 mins
 Body Scrub 
 30 mins
 Body Wrap
 60 mins
 Chinese Reflexology
 60 mins
 Royal Thai massage
 60 mins
 Abhyanga massage 
 30 mins
 Aromatherapy
 30 mins
 Swedish Massage

今回は迷わずのついたものをチョイスいたしました!
チェンマイ市内のスパでもアーユルヴェーダマッサージやシロダラは受けられるのですが、
メニューの名前を見ただけでも十分興味を持ったのと、こちらのデヴァ・スパにはアーユルヴェーダ専門医が
常駐しているとのことで、本物が体験出来ると思ったから。
しかし実際、アーユルヴェーダの知識が一切ない私、”アビヤンガマッサージって何だろう?”が本心(笑)。

トリートメント内容が決まったところで、問診表に答えていきます。
100605009 SPA
英語と日本語が併記された問診表、内容が細かいことにまた驚かされました。
A4用紙2枚、フルに質問事項がずらりと並んでいます。

記入を終えるといよいよ、担当のセラピストさんに連れられてトリートメントルームへ。

ヴィラの前に到着、扉を開けた瞬間、自分の目が輝いたことに自ら気付いてしまいました♪
CIMG4368.jpg うっとり~

既に姫気分
先ず、スパ専用の下着とローブに着替えます。
クローゼットの中にはセキュリティーボックスも完備されていました。
CIMG4396.jpg
着替えをしたのはとっても広いバス&パウダールーム。
ジェットバスやカラーセラピーを体験できる大きなバスタブとは別に広いシャワールームもありました。

CIMG4372.jpg
このアメニティーの贅沢な品揃えをご覧下さい♪
中でも気に入ったのはシルバーのボックス&手鏡。
一人小声で”かわいい~、かわいい~”と連発。笑

では漸く、トリートメント開始!
先ずはエントランス部分にあったソファに腰掛け、フットバス。
CIMG4378.jpg
天然ハーブを使用した温かなお湯で丁寧に足の汚れを取り除いてくれます。
最後に脇に置いてあった壷??に入れられたお湯で洗い流し終了。

ここからが本番。

1.Body Scrub 30分
CIMG4379.jpg
ご覧下さい。
バスルームの隣にあるお部屋はなんとスクラブ専用、ホットストーンの台がありました。
余分な皮脂や角質などを落としていただきましょう。
うつ伏せの状態で横になり、背中にあてられたスクラブ・・・
!!!
これは驚き、目から鱗。
今まで何度となく受けてきたスクラブの中で、クリームに限りなく近いスクラブに驚いたことはありました。
デヴァ・スパのスクラブ、プロダクトは想像していたものと然程変わりない通常のスクラブの感覚でしたが、
びっくりしたのはセラピストの手の動き。古くなった角質や余分な皮脂を落とすのが目的だと思っていた
スクラブでしたが、ここで既に徐々にコリをほぐしていくようにマッサージ要素が入っているのです。
初めての体験にうっとりため息。

2.Abhyanga massage 60分
CIMG4391.jpg
スクラブを洗い流したところで次のお部屋へ・・・
スパでこんなに幅の広い大きなベッドだなんて、これもまた初めての体験!
スクラブでさっぱりした後のアビヤンガ・マッサージとはどのようなものなのか。

ローブを脱いでうつ伏せになりタオルを掛けられた状態で期待しながら待っていると、背中の真ん中に置いた手を
右肩×左ヒップにすーっと移動させて手を止めぐ~っと押され、左右チェンジでまた同じようにぐ~っと圧が
掛けられるといったタイマッサージにはないポジションでマッサージが始まりました。

その後上半身のタオルが下げられ少しすると、首から腰にかけて背筋の真ん中にスーッと細く一筋の
温かなオイルが垂らされて行き、オイルマッサージの開始です。
ここで徐にセラピストさんは私のお尻のあたりに跨り背中のマッサージ、これもまた初体験。
普段受けるスパでは細いベッドを使用、ベッド脇にセラピストさんが立ちマッサージをするので時として
左右アンバランスなことがあるのですが、今回のマッサージは力が均等に伝わり◎!
その後、パーツによってはベッドに座りマッサージをすることも。
目の上に掛けられたタオルの隙間から見えたセラピストさんがとても優雅に腰掛けて優しい表情で
マッサージを行っているのがとても印象的で、また心地良いものでした。
ラベンダーが入ったアビヤンガオイルの香りもまたリラックスするのに最適でした。

3.Indian Head Massage 30分
最後はヘッドマッサージ。
髪を真ん中から分けられ、”?”と思っていると、生え際からその分け目を通るようにまた温かなオイルが
滑り落ちていくのと同時に、あまりの気持ちよさに思わず口元がほころんでしまいました。
ちょっと怪しかったかな?笑
長時間額にオイルを垂らすシロダラとは異なり、たっぷりのオイルを使用しながら行うヘッドマッサージ。
言葉にならない程の心地よさでした・・・。

全て終了し、着替えを済ませてエントランス部分へ出ると、そこには温かなハーブティーと小さなスイーツ、
ヴィラに入る前に脱いだ靴が並べて置かれていました。
CIMG4381.jpg

マッサージを受けて消費したエネルギーを補うようにスイーツとロビーで頂いたのと同じハニー
ジンジャーティーを口に入れると、体の隅々まで行き渡っていくようでした。
このように感じられる深いリラックス状態を得られたのは今回が初めて。
初めて尽くしの高級スパ体験は大満足でした
ちょっとは美人になれたかな?


そこで気になる料金は・・・

通常 5,400バーツ → 50% discount 2,700バーツ++


15種類の中から好きな組み合わせで合計2時間、どのコースを選んでもたったの2,700バーツ++

有り得ません!
こんな料金で受けられません!

これだけ贅沢なヴィラで最高級のオイルをたっぷり使用した今回の2時間パッケージで
約1万円だなんて、日本では絶対に受けられないお値段。
ただし今回の Spa Buffet は、先にも書いたようにタイ在住者向けプロモーションです!


こんなに嬉しいプロモーションも期限はなんと
今月30日まで!

あと1ヶ月を切ってしまいました。

この機会に是非、一流のスパへ行かれることをオススメします♪



 お問い合わせ・お申し込みはこちらまで
The Dheva Spa and Wellness Centre
Tel:053-888-888 Fax:053-888-999
Online skype reservation: dhevaspa
Website: http://www.mandarinoriental.com/



 忘れずにお持ち下さい
こちらのパッケージをご利用のお客様は、在住者であることを証明するためにパスポート(ビザ頁)、
または労働許可証の提示が必要です。
観光ビザやビザなし渡航のお客様は対象外(通常価格)となりますのでお気をつけ下さい。


※料金は、税・サ別途。




その2へつづく



ブログランキング参加中です
いつもぽちこっとクリックありがとうございます
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ タイ・ブログランキング キングオブタイブログ


日曜は定休日のナラツアーですが、最近すっかりご無沙汰していたブログを
書いてみようかと思い立ちました。
ヒガシです。


さて、早起きした休日にふと思い立ちました。
”カオソイが食べた~い!”

久し振りに食べに行くにはやはり老舗に行かなくては。
ということで、行ってきたのはこちらのお店

CIMG4461.jpg
サムージャイ

ピン川沿い東側を通るチャルンラート通りを北上していくと左手にあります。
100席以上あるこちら、お昼はいつも超満員になる大人気店。

そして注文して運ばれてきたのはこちら。

CIMG4463.jpg
丼の上に箸を渡し、その上にタイレモン、漬物、小玉ねぎが乗ったお皿が。
これは何とも運びやすい。笑

CIMG4465.jpg
ココナツミルク入りの濃厚カレースープに負けない柔らかく煮込まれた牛肉が美味しい~♪

そしてカオソイの他に注文した数々をご紹介してしまいましょう。
CIMG4468.jpg
 こちらもチェンマイ名物、ぴりっとスパイシーなハーブソーセージのサイウア!

CIMG4473.jpg
 豚皮をカリカリに揚げた、ケープムー!

CIMG4476.jpg
 青パパイヤの和え物、ソムタム!

CIMG4472.jpg
 ピーナツソースをつけて頂く豚串、ムーサテ!
私はグァバジュース、友人はガゴメ(タイ語:ブアボック。野菜)ジュース。


もちろん完食~


ところで皆さん、美味しいカオソイを食べるのには注意が必要です。
これはあまり知られていないようですが、カオソイは昼食向けのお食事なので
夜食べたいと思っても殆どのカオソイ店は閉まっています!

カオソイを食べるならお昼!
これ鉄則





ブログランキング参加中です
いつもぽちこっとクリックありがとうございます
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ  タイ・ブログランキング キングオブタイブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。