チェンマイのツアー会社、ナラツアーから日本人の皆様に北タイ情報をお届け致します。店頭ではお教えしないレストランやカフェ、スパやホテル、その他を”ナラのウラ”でこっそりと皆様にお伝えします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の出来事に絶句のクロダです。

弊社ブログでも、トップページでも格安!と今月一押しの商品、
シンガポール航空:バンコクー成田直行便を8月1日からキャンセルすることが本日わかりました。

シンガポール航空からの公式の連絡・通知は未だ一切ないのですが、
以下に現在分かる限りの情報をお伝え致します。

8月1日以降のバンコク発、成田行き、及び成田発、バンコク行きの便は、シンガポール経由となります。

既にご購入された方へ
直行便がなくなりましたので、以下のようにフライトが変更されます。

SQ 979 バンコクーシンガポール 1835-2200
SQ 638  シンガポールー成田   2340-0750

SQ 637 成田ーシンガポール     1130-1740
SQ 978 シンガポールーバンコク  1835-2000


急な変更ですので、シンガポールでの乗り継ぎがある場合でも、
ご購入時の料金のみで追加料金などはかからないそうです。


幸い、同日乗り継ぎとなりますが、ご了承を頂けない場合は、
今回のケースに限り、全額の返金をしてくれるとの事です。



格安・激安・破格プロモーションの成田直行便として、
多くのお客様にお問い合わせ、ご購入頂いたにもかかわらず、
このような事態になりお客様には大変申し訳ございません。

今後の対応はできる限りする所存です。


余談ですが・・・
本日確認を行なった、シンガポール航空バンコクオフィスのスタッフも本日知ったとのことでした・・・


確かに、都合により変更となる場合がございます。とはどの航空会社も予告はしていますが、
シンガポール航空オフィススタッフも今日まで知らないとはどういうことでしょうか?
せめてプロモーションとして出した期間の運行はするべきではないのかと憤りを感じずにはいられません。

このプロモーションが届いたのは今月12日です。
発券期限が今月末の30日と、それは短い期間しか帰国日を考える猶予が無い中、
本当にたくさんの方にお問い合わせ頂いたのです。

私達、旅行代理店は安さだけではなく、共に信用をご提供しているのです。

この不況のご時勢ですからサギやその類ではないのかと不安に思われている方もいらっしゃいます。
私自身、今回ばかりは不信感が多大に積もっています。


シンガポール航空は、今までたくさんのお客様に素晴らしい、
もう一度利用したいと定評を頂いていた航空会社であり、このプロモーションをきっかけに
またより多くのお客様にご紹介していきたいと思っていましたが残念でなりません。




ランキング参加中です。
いつもぽちぽちありがとうございます
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ
スポンサーサイト
お昼にクイッティオ・ルーイスワンとカオトム・プラー(魚入り雑炊)をいただきました。
いつもは水しか飲まないのですが、”健康にいいですよ”との張り紙がどうしても気になり
フルーツジュースまで注文。
確実に食べすぎました、ヒガシです。


ゴルフ場の緊急ニュースが入って参りました。



                                          


ガッサンマリーナ・ゴルフ&リゾートが一時クローズ

チェンマイ市内より車で30分強、ランプーンに位置するガッサンマリーナ・ゴルフ&リゾートが
この雨期の期間中リノベーションの為、一時クローズしていることがわかった。
再開は11月の予定。


                                          



ちょっと ぼそっと こそっ と言いますとですね。。。

ゴルフ場から連絡があったわけではないのです。

先日、各ゴルフ場のグリーンフィーを特別料金で発表したばかりなのですが、
お陰様で多くのお客様にご好評をいただいているわけです。
今回もご予約を頂戴いたしましたのでゴルフ場に予約をしようとコンタクトを取りましたら、
クローズしている返事があったのです。


クローズするならするでナゼ事前に連絡をしてこないのか!

もしくは百歩譲って、

既にクローズした後でもいい、ナゼ知らせないのだ!

と怒りたくなるところですが、ここはタイ。
そんなことを期待してはいけないのです。

電話先の相手に言ったところで、「私は知りません」と責任逃れの一言が返ってくるのは
想像に難くありません。


それにしても今回に限らずデパートでもどこでも全般的に”お客様にご迷惑をお掛けしている”という
感覚を持たないのはある意味尊敬、天晴れその開き直りと言いたくなります。

まったく溜息しか出てきません。



ランキング参加中です。
いつもぽちぽちありがとうございます
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ

今朝、平日には珍しく時間が出来たのでバターたっぷり具沢山オムレツを作り
お気に入りの食器でのんびりと優雅な朝食
のはずでしたが、胸焼け。
ヒガシです。


こういう日は何かと続くのでしょうか。
オフィスにてコーヒーを入れるためキッチンへ。
少しボーっとしていたのかドリップしていたコーヒーが溢れる寸前になったので慌ててシンクへ
行ったところ、何やら動く物体が視界に入りまして、しかもいつものチンチョ(ヤモリ)とは違う気配。。。
ふと目を動かした左45度前方にいたのはキレイな緑色をした小さな蛇!!!!

「ひぃぃぃっ!!!!!!」 (まさしくこんな色)

との私の叫びに相手も恐れをなしたのか、すぐに方向転換をして換気扇の裏へと逃げ込み、
恐らくそこからすぐに外へ出たものと思われます。

さすがに動揺した私は、コーヒーが並々入ったカップを置かずにぎっちりと握り締めたまま
スタッフの元へ向かい焦って状況説明。
見事コーヒーはボタボタとこぼれてズボンの裾+足へ掛かり、あちちちち
火傷は免れましたが、未だに若干混乱しております。
何と言ってもヘビちゃん、40センチ程の至近距離におりましたので。

まったく心臓に悪いったら。。。



こんな予期せぬ出来事が起こってしまったので、ビエンチャンのお話はまた次回。。。。





現在の超激安日本往復チケットはシンガポール航空
購入期限迫る!残席少ないようです!
お問合せはお早めに ⇒ 詳細は【こちら】



ランキング参加中です。
いつもぽちぽちありがとうございます
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ
チェンマイで音楽を楽しみながら美味しいお酒が飲みたい時はどこへ行こう?
大音量の音楽を聞きながら踊りたければ、その手のお店は山ほどあるけれど、
雰囲気、心地よさ、そして美味しいお酒とおつまみ、これらの”大人”条件を満たす
数限られたパブの一つをご紹介しましょう。

CHAI BLUES HOUSE  《チャイブルースハウス》
13.jpg
緑に囲まれたチャイブルースハウス、お店につけられた看板はなく、
路地から少し入ったところにひっそりと佇んでいる。

2.jpg
店内はソファなどが置かれ、寛いでお酒をいただける雰囲気になっている。
長いカウンター席もあり、一人でも気兼ねなく入れるのが嬉しい。

15.jpg
さり気なく飾られたフレームの中には、オーナーが描いたものもある。

8.jpg
こちらオーナーのチャイさん。
彼の歌声とギターテクニックを一度聴いたら、このお店に通わずにいられなくなります。

そんなチャイさんの最新ライブ映像を発見
MORE CHAI BLUES -SAT MAY 9TH, 2009


毎晩2-3組のバンドが演奏。ブルース、レゲエ、ラテン、ジャズなど異なるジャンルのライブで、
訪れる度に違う顔を見せてくれるチャイ・ブルース・ハウス。
レモンをきゅっと絞ったジントニックで心地よく揺れたい夜は是非こちらへ。


CHAI BLUES HOUSE
住所  :  SOI 4 (WAT UMONG) SUTHEP RD. Chiang Mai, Thailand
電話  :  053-328-296
Open :  毎日 17:00-深夜
ライブ : 毎晩2~3組
      木-日21:00-深夜まで Mr.Chai 出演

現在、17:30-20:00までドリンクが20%引きになるハッピーアワーあり。




チャイさんの歌声に惚れた一人、ヒガシでした。



ランキング参加中です。
いつも愛あるぽちクリに励まされております
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ
先日、【カンタリーヒルズ】にて生牡蠣、サーモン、シーフードバーベキューなどなど
堪能して参りました、ヒガシです
ご一緒させていただいたS様、O様、チェンマイ美味しいとこ巡りに行きましょう♪


さて、ご無沙汰しておりましたラオス・カンボジア旅行記 その5【世界遺産の町ルアンパバーン・後編】 のつづきです。

ルアンパバーン最終日の夕食は豪華にこちらのレストランにていただきました。
Le Elephant
0383.jpg 0384.jpg
フレンチとラオス料理のお店です。
店内(左)とテラス席(右)がありましたが、心地よい風に当たりたく迷わずにテラス席へ。
(店内席もエアコンではなく、シーリングファンが回っているので気持ち良いですよ♪)

この日はコース料理でフレンチとラオス料理を選べるとのことで、黒田は躊躇うことなく
「私はフレンチ!絶対にフレンチ!」と、力のこもったオーダー。
私も躊躇うことなくラオス料理をいただくことになりました。
そしてここで美味しさをお伝えするべく写真を探すと。。。
まともな写真がこれ1枚
0388.jpg
私がカメラを借りて撮影したものはピント外れだったり、角度がおかしかったり。。。

こちらのお料理、味はもちろん盛り付けもとてもステキでしたのに、皆様にお見せできないなんて
残念でなりません。。。

では、しょうがないのでこちらの画像でお楽しみください。



367.jpg 力を振り絞って必死に働くヒガシカメラ
ビアラオ・ダーク

とても美味しゅうございました。


翌日、お昼には悲しきかな、お別れの時。

さようなら、ルアンパバーン、
さようなら、お世話になったドライバーさん、
さようなら、(速見もこみち似イケメン)ガイドさん。


また会う日まで。。。


ルアンパバーン空港にて
0647.jpg
先ず、入り口で荷物検査をしますが、ご覧下さい、この荷物台の高さ。
重たいスーツケースは台に上げるのに一苦労ですよ!
しかも、係官も困っている客をあまり気にしませんので、個人で頑張るしかありません。
そして荷物はガラガラと手動で中まで流されていきましたとさ♪

0653.jpg
ラオス航空にて、ビエンチャンへ向かいます。
このチェックインカウンター・・・
電光掲示板がないのは一目瞭然だったのですが、ちょっと吹き出してしまいました。
左がチェンマイ行き国際線、右がビエンチャン行き国内線のチェックインカウンター。
あぁ、いいですねこの雰囲気。。。

さて、無事チェックインを済ませたので、ぐぅぐぅ鳴るお腹を落ち着かせるためランチタイムにします

市内でピックアップしたランチボックスの中身は何かな~
0658.jpg この形はもしかすると。。。

0657.jpg はい、漸くありつけました~
恋しきバゲットサンド~

酒造りの村でお酒は試飲出来なかったけれど、
メコン川に沈む夕日を見ながらビアラオを飲んでもいないけれど、
バゲットにかぶりつく夢が果たせましたよ、お母さ~ん

などと、ココロの奥で呟きながら、モグモグモグモグ・・・・・
作りたてをピックアップしてきたので、パンはカリカリでしたし、具材の味付けもとても良く大満足。
美味しかったです♪

大好きなルアンパバーン、これで本当にさようならの時間となりました。


後ろ髪を引かれつつ次に向かった先はラオスの首都ビエンチャン。

ビエンチャンで外せないのがこちら

タートルアン
0707.jpg 0702.jpg
タートルアンはラオス仏教最高の寺院と言われているそうです。

それにしても暗すぎ・・・
そう、残念ながらこの日は雨模様。
ラオスの金閣寺”と言う人もいるとかいないとか、そのくらいこちらのタートルアンは
晴れていると眩いほどに光り輝くのですがそのお姿を拝見出来ず。

毎年11月はビエンチャン最大のイベントであるタートルアン祭が開かれ、寺院前の大広場には
多くの露店などが並び、ラオス国内外から30万人もの人が集まるんだそうです。
これは一見の価値有りですね。

そしてお次はこちら

パトゥーサイ (凱旋門)
0718.jpg
ビエンチャンを案内していただいた超若手ガイド曰く、
「資金不足で建設がストップしてしまって未完成なんですよね~」 爆笑
”資金不足”という言葉が彼には大ヒットのご様子で、
0732.jpg
「資金不足なので、このような状態のままですー」 爆笑
ご説明の都度、この言葉を繰り返していらっしゃいました。
箸が転げてもおかしいお年頃だったのですね、きっと。

はい分かっています、私はもうとっくにそんな年齢ではございません

さぁこのパトゥーサイ、ラオス国家観光庁のHPによると、もともとは戦没者慰霊碑として1960年から
建設が開始されたとあります。
そして驚くべきことに、新空港建設に使用されるはずだったセメントで建てられたんですって

そ、そんな・・・

新空港建設を後回しにまでして建てたものが未だ資金不足で未完成!?

これ以上の突っ込みは出来ません、悪しからず。

そんなパトゥーサイですが、2、3階にあるお土産屋を通過しながら階段で4階まで昇ることができます。
0735.jpg アラ、これはシャンゼリゼ通りかしら
こちらは4階からの眺め、ランサン通りでビエンチャン市内で最も広い道路!
まっすぐ行くと大統領府に辿り着きます。
整然としたこちらの景色を眺めているとここがラオスであることを忘れてしまいます。

0743.jpg 0747.jpg
窓や展望台へ続く螺旋階段の手すりなどには素敵な細工が施されています。



次回は忘れてはならないビエンチャンでの重要情報をお知らせ致します





ラオス・カンボジア旅行記
その1【ラオスへ出発】
その2【世界遺産の町ルアンパバーン・前編】
その3【世界遺産の町ルアンパバーン・中編】
その4【世界遺産の町ルアンパバーン・はみだし編】
その5【世界遺産の町ルアンパバーン・後編】 


チェンマイ発着 ビエンチャン・ルアンパバーン3泊4日 <安心!日本語ガイド付き>
詳しくは【こちら】をクリック



ランキング参加中です。
いつも愛あるぽちクリに励まされております
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ
雨が降ると涼しくなるのはいいけれど、出掛けるのが億劫になりますね、ヒガシです。


先日、【こちら】でお知らせした格安航空券更新情報で、航空会社より訂正が入りましたのでお知らせいたします


ルート料   金その他
シンガポール航空


バンコク⇔成田往復
直行便

<エコノミー>
6,500バーツ~★発券期限 2009年6月30日まで
★ご出発期限 2009年12月15日まで

4~45日FIX/OPEN。航路変更、返金不可。日程変更可能、要手数料2,000バーツ++。他プロモーションとの併用不可。
シンガポール航空


バンコク⇔関西・名古屋・福岡往復
シンガポール経由

<エコノミー>
7,000バーツ~★発券期限 2009年6月30日まで
★ご出発期限 2009年12月15日まで

4~45日FIX/OPEN。航路変更、返金不可。子供料金なし。日程変更可、要手数料2,000バーツ。復路のみシンガポールにてストップオーバー可(9月24~28日除く)。他プロモーションとの併用不可。


当初、ご出発期限が2009年8月15日~12月15日までとの発表だったのですが、2ヶ月繰り上がり
6月13日より搭乗可能に変更されました。

それ以外の諸条件は以前同様、変更はございません。




ランキング参加中です。
いつもぽちぽちっとありがとうございます
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ
弊社ブログのランキングがなんと7位に上場?しているのを発見し、嬉しびっくりのクロダです
読者の皆様、いつもいつもありがとうございます!!!


そして、今日の新着の情報をお伝えしたいと思います。

以下の2社より、ルートの一部運休と、新ルート開設のお知らせがきています。


その1、エバー航空(BR)より

    昨日:6月15日より、

    BR168便 台北ー関西ーロサンゼルス
              及び
    BR167便 ロサンゼルスー関西ー台北

    以上の2便が一部運休になりました。

   該当のチケットをお持ちの方でタイにご滞在の方は、
   エバー航空:バンコクオフィスまでお問い合わせ下さい。
   TEL:02-269-6288


その2、大韓航空(KE)より
   
   本日:6月16日より、タイ発、新ルート:静岡空港行きへの便が販売開始となりました!
    
   チェンマイ出発便のフライト日程は以下の通りです。
    
 往路 ・KE 668便 チェンマイ(CNX)-仁川(インチョン)(ICN)  0140-0850  (水・木のみ出発)
     ・KE 779便 仁川(インチョン)(ICN)-静岡(FSZ)      0850-1045 (毎日出発)
     
 復路 ・KE 780便  静岡(FSZ)-仁川(インチョン)(ICN)     1145-1355  (毎日出発)
     ・KE 667便  仁川(インチョン)(ICN)-チェンマイ(CNX) 2100-0030  (火・金のみ出発)


   その他、バンコク、チェンマイ、又はプーケット出発便、仁川(インチョン)空港経由、
   各所日本行きも常時取り扱っております。
 
   <大韓航空タイ発便、日本の行き先一覧>
    主要都市:福岡・名古屋・大阪・成田・静岡
    地方:青森・秋田・函館・札幌・新潟・小松・岡山・大分・長崎・鹿児島
    

          お申し込み、お問い合わせはコチラ



ランキング参加中です。
愛あるぽちぽちありがとうございます
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ
以前お知らせしていた、土の家のお茶カフェ ディンディーあゆみさん企画
“清志郎 メモリアルライブ&パーティ”がいよいよ今晩開催されます。
演奏の他にもライブビデオの上映や、ボランティアで関わるご友人による手書きの歌詞を映し出す
演出など、関わる全ての人が当日来場のお客様に楽しんでいただく目的だけでなく、自らも楽しく準備を
進めている様子などが伺えます。
どのようなライブパーティーになるかとっても楽しみです、ヒガシです


さて本日は昨日のお得なゴルフ情報に引き続き、またまた新着情報が入りましたのでお知らせです!

今月末までの期間限定ですので、お買い求めはお早めに!


バンコク-日本往復の格安航空券最新情報です


ルート料   金その他
シンガポール航空


バンコク⇔成田往復
直行便

<エコノミー>
6,500バーツ~★発券期限 2009年6月30日まで
★ご出発期限 2009年8月15日~12月15日まで

4~45日FIX/OPEN。航路変更、返金不可。日程変更可能、要手数料2,000バーツ++。他プロモーションとの併用不可。
シンガポール航空


バンコク⇔関西・名古屋・福岡往復
シンガポール経由

<エコノミー>
7,000バーツ~★発券期限 2009年6月30日まで
★ご出発期限 2009年8月15日~12月15日まで

4~45日FIX/OPEN。航路変更、返金不可。子供料金なし。日程変更可、要手数料2,000バーツ。復路のみシンガポールにてストップオーバー可(9月24~28日除く)。他プロモーションとの併用不可。
キャセイパシフィック航空


バンコク⇔日本往復
(成田、関西、名古屋)
香港経由

(福岡)
香港&台北経由
<エコノミー>
12,500バーツ~★発券期限 2009年8月31日
★ご出発期限 2009年7月1日~8月31日まで

30日FIX/OPEN。返金不可。子供料金あり。
(日本発-バンコク着便、日程変更可・・・手数料:2000バーツ相当、日本のキャセイパシフィックオフィスにて)
復路のみ香港にてストップオーバー可。マイレージ加算なし。




上記は今月末までのご購入限定ですのでお急ぎ下さいね♪


まだまだあります、格安航空券 ⇒ 【こちら】



ランキング参加中です。
愛あるぽちぽちありがとうございます
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ
バンコクにお住まいのP殿、いつもご覧いただきありがとうございます。
豆、分かりましたか?
ヒガシです。


さて、ラオス・カンボジア旅行記は次回にして。。。

ちょ~っとだけ皆様にオススメしたいことをこっそりお伝え致します ヒソヒソ



HPの更新が遅れておりましたが、本日漸く6月以降のゴルフ料金を改定致しました。

こちらでは一つだけご紹介しますよっ


ロイヤルチェンマイ ゴルフリゾート
【週末利用がぐぐっとお得に!】





(2009年6月1日~2009年9月30日まで)
種   別平    日週末・祝祭日
グリーンフィー
(お一人様)
1,400バーツ

1,000バーツ
1,800バーツ

1,000バーツ
キャディーフィー
(お一人様)
220バーツ220バーツ
カートフィー※600バーツ(お一人様一台)
800バーツ(お二人様一台)
600バーツ(お一人様一台)
800バーツ(お二人様一台)
ゴルフ場送迎
(車一台)
1,800バーツ


※カートのご利用についてご注意ください。
カートは事前の御予約が受付出来ません。
ご利用当日、ゴルフクラブにて直接お申込下さい。



週末も平日と同じ料金でお楽しみ下さい!!!


あっ・・・
ついつい声が大きく・・・




皆様の笑顔が見たいっ

だからお安く致しました!


他のゴルフ場もたくさんご案内しています~ ⇒ 詳しくは【こちら】




ランキング参加中です。
愛あるぽちぽちありがとうございます
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ
今日は大勢の警察官や軍隊やらのお陰で1日そわそわしていました。クロダです。

現在、17:00過ぎ
弊社はあと約30分で閉店です。


朝から、緊迫した状況が続いていましたが、お昼の時間には警察官がお弁当をもってメーピンホテルの庭の方にぞろぞろと歩いて行く姿を目にしました。
警察官と言えど人間です。

腹が減っては戦はできませんからね。
(いや、この周辺で戦は困りますが。)


そしてその頃からだんだんと警備がゆるくなり、車やバイクが少しずつ行き交うようになりました。


そういえば、お昼過ぎにバイクに乗った警察官に誘導され、
タイでは良く使用されているD4Dのワンボックスカーが何台か猛スピードで
オフィスの横の道を通り過ぎるのを目撃しました。

それが某政治家を乗せた車だったようです。



17:00現在、警備は完全に解かれ、何もなかったかの用に通常の状態に戻っています。


この状況による、被害、犠牲者などはいないと思われますが、
強いて言えば、お昼に行った屋台のおばちゃんは、こう言っていました↓

“なんで赤来たんだ!お客が来なくて商売上がったりだよ!!!”

確かに、そこで商売をしている方々は困ったでしょうね。


明日からは通常どおりだと思います!



ランキング参加中です。
いつもぽちぽちっとありがとうございます
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ
これは、私にとってチェンマイ生活初の緊急事態かもしれません、レポーター:クロダです。

私は新聞記者でも、ジャーナリストでもないので、うまく書けないのですが、
クロダ的目線で以下にお伝えします。


昨日の夕方より、弊社オフィスの隣接するインペリアル・メーピンホテルの横で、
通常の巡回とは数倍の数の警察官を見かけました。

インペリアル・メーピンホテルは、王室の方々も度々ご滞在されるので、
今回もその関係かと思っていましたが、違ったようです。


今朝、私が出勤した時(8:30頃)には、インペリアル・メーピンホテルの駐車場に
それはたくさんの警察官が待機していました。

ホテルの庭にも、オフィスの横のベンチにも、たくさんいるのです。


この異常な事態はどういうことかというと、昨日より、
インペリアル・メーピンホテルに某政治家が滞在しており、
それに抗議するグループを阻止するために、警察が配備されているようです。


簡単に説明しますと、この某政治家とは、未だ記憶に新しい昨年12月
バンコクのスワンナプーム国際空港を占拠した、反タクシン派市民団体「民主市民連合(PAD)」(黄色のグループ)の政治家であり、
コレに抗議するグループとは、タクシン元首相支持の市民団体「反独裁民主同盟」の事です。



と書いているそばから・・・・ついに軍隊までオフィスの横を歩いています。
(現在、9:45)
警察の乗った大きいバイクも横の道を時々行き来しています。


そう言えば、いつも路上に当たり前かのように、駐車されているバイクや車を見かけません。
かなりシーンとしています。


何かと思い外に出てみると、数十メートル先のナイトバザールへ抜ける道:ロイクロ通りが
警察の大きなトラック(犯罪者を一時的に収容できる車)が、ホテルの方に曲がる道を塞いでいるのです。

その周りの小道には、隙間なく警察官たちが群がっています。



この事態は、ホテルに宿泊する旅行者にも影響しているようです。
オフィスから、度々旅行客と見られる欧米人がどこかに歩いてゆくのを見かけるので、
声をかけてみると、

“今日のツアーで、迎えに来るはずの車がどこかでストップされ、そこまで歩いていかないといけない”
とのことでした。


インペリアルメーピンホテルに滞在する某政治家は、本日6月11日の午後、バンコクへ戻るようです。



このまま冷戦状態でもいいので、誰も傷付く事のなく、無事に1日過ぎる事を願います。




ランキング参加中です。
いつもぽちぽちっとありがとうございます
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ
ルアンパバーンに戻りたい病、いつの間にか抗体が出来ております、ヒガシです。


ラオス・カンボジア旅行記 その4【世界遺産の町ルアンパバーン・はみだし編】のつづきです。

この日は、王宮博物館見学後にボートに乗り1時間30分、先ずは酒造りの村バーンサンハイへ。
そしてまたボートに揺られること30分、辿り着いたのはこちらの洞窟。

パクウー洞窟
0251.jpg
ルアンパバーンからメコン川の上流へ向かい35㎞、陸路では訪れることの出来ない河岸にある洞窟。

0255.jpg
2008年8月、予てからの大雨によりメコン川は42年ぶりの水位上昇によって首都ビエンチャンを始め、
多くの土地において大洪水となったのが記憶に新しい。
こちらのパクウー洞窟の岩には昨年と42年前の1966年の水位が刻まれていました。
(白いラインの上部が1966年、下部が2008年のもの)

307.jpg 横線入り迷惑なヒガシ・カメラの画像です
こちらは第一洞窟のタム・ティン内部。
パクウー洞窟には約5000体の仏像が安置されていると言われています。

この第一洞窟からまたアップダウンのある階段を山沿いに進んでいくと、第二洞窟へ辿り着きます。
320.jpg
タム・プラカチャイと呼ばれる第二洞窟内部。

322.jpg ヒガシカメラ、復活か!?
入り口より20m程中へ進めますが一切ライトアップ等はされていないため、入り口にて
貸し出しされる懐中電灯を使用し、ひんやりとした洞窟内部を見学しました。

階段の上り下りで既にガクガクしはじめた足に踏ん張ってもらい、途中に出会う物売り少年少女を交わし、
314.jpg 重要でない写真ばかりキレイに撮れてマス・・・
カラフルなとかげを見つつ、ボートへ戻ります。

洞窟の対岸にあるレストランでラオス料理の昼食をとった後は再びボートに乗り、約1時間半。
337.jpg
時期によると思いますが、然程流れが強くなければカヌーなども楽しめるようです。


市内へ戻り船着場の階段を上がるとすぐそこに現れたのがこちらの寺院。
ワット・シェントーン
0284.jpg 再びクロ・カメラでお届け致します
この寺院は典型的なルアンパバン様式で、ラオスで一番美しいと言われているそうです。

が・・・

小雨がパラついていたこの日、どんより空模様で何だか暗~いですね。。。
しかも、屋根の先端部分が写真に入っていない

境内にはホー・ラーサ・ロットという黄金色の堂があり、シーサワーンウォン王(在位1904-1954年)の
葬儀に使用された霊柩車が納められています。
0289.jpg
奥にうっすらと見えるのがご遺体を入れた棺おけになるそうですが、立位で入れられたのだとか。
ちなみにこの霊柩車は4~5mの高さにもなるため、中に入れてからお堂を建てたそうで、
大きな出入り口も設けていないため、外へ出せません
王様のために作られた霊柩車なので再度使用することはないのでしょうけれど、数年に一度くらいは
外へ出してお堂内部の清掃などしないのかな。。。と素人目線の私です。


さて、続いての訪問地はこちら
ソンパオレストラン Lao Ethnic Cafe & Dining (SON PHAO)
outside2.jpg
ルアンパバーンにて伝統舞踊を見ながらのディナーショーはないものかと探しましたら、何と、
今年オープンしたこちらのソンパオレストランで毎晩催行!との情報をチェンマイ出発前日の夜に発見!
ホテルなどでも伝統舞踊ショーありとの情報はあったものの、毎日というのはこちらだけ。
私のルアンパバーンのメイン訪問地と言っても過言ではありません!
dance2.jpg
現在は踊り子さんが3名、生演奏で踊りを披露されているそうです。
2nd floor
舞踊ショーは通常2階で行われるそうです。
フロアは広すぎないので、とても落ち着いて踊りとお食事を楽しめます。
standard lao set menu
こちらは基本的なラオス料理のセットメニュー。
メコン川で取れる海苔のカイペーンや、蒸し魚のバナナの葉包み、豚肉のラープや竹の子のフライなどを
もち米とともにいただきます。
ラオス料理は辛くないので、日本人にとってはとても食べやすいですよ!

ただ、皆さん。
ディナーショーといえば、”お料理は単一で美味しくない”といったイメージがありませんか?

こちらのレストランは、期待を裏切りません!
上記のようなセットメニューもありますが、ラオス料理をはじめ西洋料理、日本料理が
アラカルトで注文できてしまいます。

そして、更に。
”ここルアンパバーンで美味しい日本料理になんてありつける筈がない”
なんて思いませんでしたか?

いえいえ、こちらのソンパオレストランは日本人の経営で、さらに日本食の料理指導をされて
いるのはオーナーのお母様なのだそうです。
そう、ここではニッポンのおふくろの味に出会えるのです!

残念ながら私はスケジュールの都合上こちらのレストランでお食事をいただくことが出来なかったのですが、
タイに帰国後現地在住の日本人の方にお話を聞いたところ、清潔な店内はもちろんのことお料理が
美味しいので足繁く通っているとのことでした

現在はオープンしてからまだ4ヶ月程なので、行くなら今が狙い目ですよ~
次回ルアンパバーン訪問の際は、私は真っ先に行くと決めています♪

Lao Ethnic Cafe & Dining (SON PHAO)
電話番号     071-253-489
住所        No.59,Unit 3,Sotikoommanh Road,Luang Prabang,Lao.P.D.R
営業時間     11:30~15:00 17:30~22:00 (毎日営業)
ラオス伝統舞踊ショー  19:30~20:15(45分間)
収容人数     1階 24名、2階 28名
料理        ラオス料理、西洋料理、日本料理
アラカルト例    揚げナスの煮びたし(25,000キープ)
           インゲン豆の胡麻和え(15,000キープ)
           みそ田楽(20,000キープ)
           魚のフライ タルタルソース(45,000キープ) など

ドリンクはフレッシュジュースを始めシェイクなどの他、ワイン、日本酒、カクテルなど充実の50種類。

※舞踊ショーについては空席がある場合は飛び込みでも大丈夫だそうですが、団体のご利用などで
満席になることもあるためお断りせざるをえない状況もあるようですので、可能であれば、事前に
ご予約される事をお勧めします。


そうこうしているうちに、大好きなルアンパバーンとのお別れの時間が刻一刻と近付く・・・
次回は、ルアンパバーン最後の夕食から首都ビエンチャンまでのお話です。


つづく


5月18日 宿泊のホテルはこちら
The Grand Luang Prabang Hotel & Resort
THE GRAND  LOBBY
The Grand Luang Prabang Hotel & Resort
http://www.grandluangprabang.com/
Ban Xiengkeo, Khet Sangkalok P.O. Box 1191, Luang Prabang Lao PDR
全78室、市内まで約10分
市内までの定期無料シャトルバス運行あり
(定時以外でも有料でリクエスト可)
インターネットはロビーにて可(有料)

お部屋はデラックス、メコンデラックス、エグゼクティブメコンスイート、プレジデンシャルスイートがあり、
今回はリバービューであるメコンデラックスに宿泊。
早朝に、そして観光から戻った際に窓を開けると目の前に広がる壮大なメコン川の景色。
市内中心部から離れているので行き交う車の騒音も聞こえず大自然を邪魔するものは何一つない、
ただそこにある景色と鳥のさえずりにとびっきりの開放感と癒しを与えられた素敵なホテルでした。



ラオス・カンボジア旅行記
ラオス・カンボジア旅行記 その1【ラオスへ出発】
ラオス・カンボジア旅行記 その2【世界遺産の町ルアンパバーン・前編】
ラオス・カンボジア旅行記 その3【世界遺産の町ルアンパバーン・中編】
ラオス・カンボジア旅行記 その4【世界遺産の町ルアンパバーン・はみだし編】


お得な航空券情報 チェンマイで随時更新するのはナラツアーだけ!
安心・スピーディーに日本語で対応いたします

詳しくは【こちら】から



ランキング参加中です。
いつもぽちぽちっとありがとうございます
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ
とある日本食屋のショーケースにてスイートポテトを発見、
立て続けに2個いただきました、甘党ヒガシです。


ラオス・カンボジア旅行記 その3【世界遺産の町ルアンパバーン・中編】のつづきです。

ちょっと振り返ってみましょう。

ラオスでは・・
・バゲットにかぶりつく
・メコン川に沈む夕日を眺めながらビアラオを飲む
・酒造りの村バーンサンハイで心置きなく試飲
 (アルコール度数 40度以上・・・?)



取りあえずビアラオは飲んだけれど、既に陽は沈んでいた!
しかも川沿いのレストランじゃない

                 (でもステキなレストランだったなぁニンッ)

ルアンパバーン2日目、さてさて願いは叶うのでしょうか~


                        

ルアンパバーンへ来たら見なくてはならない名物がこちら!
204.jpg オーッこれが噂の・・・
早朝、5時過ぎにホテルを出発し徒歩で托鉢を見学しに向かいました。
と、そこへ鮮やかなオレンジ色の袈裟に身を包んだ僧侶が列を成してやって来ました。
チェンマイでは個々に回られる僧侶は目の当たりにするけれど、さすがルアンパバーンの托鉢は圧巻。

ちょっと余談
5時頃ホテルにて出掛ける準備をしていると、”カーン、カーン”と鐘の音が聞こえました。
(速見もこみち似のイケメン)ガイド曰く、毎朝地元の方々は時計を見る間もなく托鉢の用意に追われるので
この鐘の音によって”そろそろ托鉢の時間です”とのお知らせになるんだとか。

托鉢終了後は、近くで開かれる朝市へ行きます
全長200メートル程でしょうか、メインストリートのシーサワンウォン通りの1本メコン川寄りの通りにて
毎朝新鮮な野菜や果物、日用品などが多く販売されています。
お隣の国タイから訪問する私達には、然程珍しいものではないはずとたかをくくっていましたが。。。

223.jpg やはり普通のローカルな市場217.jpg 野菜販売もしているし、全然変わらないね

と、思ったら大間違い。


221.jpg ニワトリ、ばんざ~い
239.jpg オオトカゲ、羽交い絞め~♪
もちろん食用

と、その他多種多様なグロ画像が手元にございますが、これが限界かと思われます。
この風景をご覧になられたい方は、是非ルアンパバーンへ行かれることをお勧めいたします

ここで「早朝出発で小腹がすきませんか」、と(速見もこみち似イケメン)ガイド。
向かった先は朝市沿いにある情緒漂うこんなお店。
226.jpg 何が作られているのでしょう?
229.jpg お母さんが何やら用意をしています。
正体はこちら!231.jpg
ラオス名産のコーヒー&揚げパン
この揚げパン、見た目と違い意外にもふんわりとした仕上がり、そして全く味が無いので
始めは正直どうかと思ったのですが(笑)、このたっぷり練乳が入った濃厚で甘いコーヒーに
ぴったりマッチしていました。

そして一度ホテルへ戻って朝食&チェックアウトを終えたら、観光にお出掛けです


と、ここで。。。


姉さん、事件です         

    古っ


カメラ故障

          ガーン

269.jpg 272.jpg 
こんな具合に、線が入り。。。       終いにはまっちろ。

ガーン ガーン ガーン
 


いつまで落ち込んでいてもしょうがないので、クロダ・カメラを頼りにいくしかありません。
壊れませんように・・・

というわけで、ここからはクロダ目線の写真になります。

0184.jpg ボートにてメコン川を上り、夢にまで見た”あの”場所へ

0244.jpg ここです、ここ!
ボートに揺られること1時間30分。

・酒造りの村バーンサンハイで心置きなく試飲

ようやくこの時が来ました!!!


ところが。


お酒を造っていない

ガーン ガーン ガーン
 


何とこの日は仏教に関する日だとかで、お酒造りはお休みだったそうです。

つくりたてのお酒じゃないと、試飲する楽しみがない。。。

こういう時、若いお姉ちゃんなら

「ちょー ショックゥ~

とでも言うのでしょうけれど、ここは大人なヒガシ、泣く泣く涼しい顔をして

「それでは次回のお楽しみにいたしましょう」


(ココロの中ではでも)
何もなかったかのように村の中を散策すると、何やら演奏するお方が。


「あら、素朴な音色が♪」

0241.jpg あ、このおじさんどこかで・・・

     
    拡 大
     

0241 man with instrument

【こちら】で、(速見もこみち似のイケメン)ガイドと間違えて掲載してしまった
楽器売りのおじさん@バーンサンハイ、でした。



つづく




ラオス・カンボジア旅行記
ラオス・カンボジア旅行記 その1【ラオスへ出発】
ラオス・カンボジア旅行記 その2【世界遺産の町ルアンパバーン・前編】
ラオス・カンボジア旅行記 その3【世界遺産の町ルアンパバーン・中編】


チェンマイから行く周辺諸国へのツアー <安心!日本語ガイド付き>
詳しくは【こちら】



ランキング参加中です。
いつもぽちぽちっとありがとうございます
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ
ルアンパバーンに戻りたい病、現在は安定薬を服用中、ヒガシです。
(ひたすら写真を眺めて想い出回送中・・・)

ラオス・カンボジア旅行記 その2【世界遺産の町ルアンパバーン・前編】の続きです。

初日の夕食はメインストリート沿いにあるフランス風の建物が美しい小洒落たレストラン、
タム・ナック・ラオ(Tam Nak Lao)の眺めの良い2階テラス席にてラオス料理をいただきました。
179.jpg 待ちきれない誰かさんの手が・・・
ビア・ラオで乾杯~
ゴクゴクゴク プハ~ ⇒ 私だけ。。。

この日のメニューはビールから時計回りに、竹の子のフライ、サイウア(ハーブソーセージ)、
青菜のスープ、魚の蒸し物、それともち米でした。

サイウアと呼ばれるハーブソーセージはチェンマイでも大好きでよく食べるもののひとつで、
炭火で網焼きされるピリリと辛いのが特徴的なソーセージ。
それを想像して口に入れたところ、辛くなく、そしてパリッとした皮の食感。
こちらラオスのサイウアは、網焼きではなく油で揚げられることによりその食感が生まれるようです。
これは美味しい!ビールのおつまみに最適です!


さーて、ラオス料理を堪能した後は一度ホテルへ戻り、ナイトマーケット散策へと出掛けましょう!

187.jpg 出た~!!
ハブやらサソリがお酒に浸かっちゃってました。。。
先ず、コレが目に入ったというのが何とも悲しい。
気を取り直して。

193.jpg あぁ、何てシュールな指人形なんでしょう。
188.jpg 刺繍の絵本がカワイイ♪
066.jpg 炭火アイロン発見!
その他、まだまだシルバーアクセサリーやラオ・シルクのスカーフや雑貨などがありました。

と、いうことで初日の戦利品はこちら↓
197 shopping
化粧ポーチ大小やラオ・シルクの財布とバッグ、そして何故かシーツ&ピローケースの生活必需品と、
とんぼのピアス。
199.jpg
ナイトマーケットの醍醐味は値切り交渉!
各店にてかな~りしぶとく根気強く交渉し、この日の買い物合計は、1000バーツ強!

お店の方とのやり取りも楽しいので、ルアンパバーンを訪れた際は是非ナイトマーケットへ
足を運んでみて下さいね


5月17日 宿泊のホテルはこちら
Ramayana Boutique Hotel and Spa
ramayana 1
Ramayana Boutique Hotel and Spa
http://www.ramayana-laos.com/
P.O. Box 123, Ban Pha Kham, Luang Prabang, Laos
全16室、ナイトマーケットまで徒歩1分
ホテル敷地内 WiFiでインターネット無料利用可
(レセプションにてパスワードお受け取り下さい)


木の優しい香りが漂う素敵なホテルでした♪
ramayana 2


ラオス・カンボジア旅行記
ラオス・カンボジア旅行記 その1【ラオスへ出発】
ラオス・カンボジア旅行記 その2【世界遺産の町ルアンパバーン・前編】

チェンマイ発着 ルアンパバーン2泊3日ツアー <安心!日本語ガイド付き>
現在週3日出発可能! 詳しくは【こちら】から



ランキング参加中です。
いつもぽちぽちっとありがとうございます
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ
ルアンパバーンに戻りたい病、初期症状が出てきましたヒガシです。


ラオス・カンボジア旅行記 その1【ラオスへ出発】の続きです。

止まったターンテーブルの上から無事スーツケースを受け取った黒田と共に空港を発ちます。

と、そこへお出迎えのイケメン英語ガイド登場!







0241 man with instrument ~~~~♪

あ、間違えた



流暢に英語を話す(推定)28歳速水もこみち似のイケメンガイド。
公開するのはちょっと惜しいので心の中にそっとしまっておこう。


写真のおじさんの正体は?




さて、ホテルへチェックインして早速向かった先は、
プーシーの丘
069.jpg
300余段の階段を上ります。
素朴な作りの階段脇には、お供え物を売る地元の方が。



・・・・あっ!

300段以上の階段といえばチェンマイはドイステープ寺院!
034 Doi Suthep



・・・えー、プーシーの丘に話は戻り。
300段以上もある階段、なかなかハードです。

半分ほど上った所で一休み、入場料(ひとり20,000KIP)を支払います。
072.jpg

070.jpg
歩みを進めようとしたところ、半分上ったと思われる階段の残り表示を発見。
まだ190段あるんだそうです。

・・・3分の1しか上っていなかったようです。
しかし、隣には既にゼーゼーハーハー言っている人が・・・。
ダレ?)

084.jpg
300余段の階段を上りきるとそこに現れるのがタート・チョンシーと呼ばれる仏塔。

このプーシーの丘から見下ろす風景は、
生い茂る木々の合間から王宮博物館とその向こうに悠然と流れるメコン川、
076 royal palace from the hill
080.jpg
そして、反対側には市内を流れるもう一つの川、カーン川が眺められます。

暫しの休憩を挟み、どなたかの動機・息切れが落ち着いたところで早速丘を下りましょう(笑)

このプーシーの丘入り口の一つになっているルアンパバーン市内のメインストリート、
シーサワンウォン通り(Si Savangvong Rd.)は、毎日夕方になると道路を封鎖し所狭しと出店が
たち始め、たちまちナイトマーケットに姿を変えます。

113 view from the 3rd floor
ルアンパバーン市内、最高層階から眺めるナイトマーケットの出店群。

129.jpg
メインストリートであるシーサワンウォン通り沿いに建つ
エインシェント・ルアンパバーン・ホテル(Ancient Luangprabang Hotel)の
最上階、4階にあるバーからの眺めでした。

(一般のお客様の出入りは現在禁止されています)

市街地自体がユネスコの世界遺産に登録されているため、新たに高層ビルを建設することは出来ないが故、
こちらのホテルの4階建てが現在ルアンパバーン市内で最も高い建物なんだそうです。

プラプラ歩く道路沿いにはお目当てのバゲットが並ぶ屋台を発見!
131.jpg
そうそう、コレが食べたかったのですよ~!

が、しかし時既に18時過ぎ、夕食までの時間はあと僅か。
泣く泣くバゲットちゃんにサヨナラを告げ、立ち去るのでありました。
   また来るねー




ルアンパバーン初日の夜はまだまだ続く。



ラオス・カンボジア旅行記
ラオス・カンボジア旅行記 その1【ラオスへ出発】





チェンマイから行く周辺諸国の旅は 【こちら】から



ランキング参加中です。
いつもぽちぽちっとありがとうございます
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ
先日、【こちら】で「いってきます宣言」をしましたラオス・カンボジア旅行記を漸く公開致します、ヒガシです。
ちなみに道中、気力・体力が残っていなかったのでブログアップ出来ませんでした。
・・・若くないもんで・・・ウッウッ


ということで、まずはラオス編。


ラオスでは・・
・バゲットにかぶりつく
・メコン川に沈む夕日を眺めながらビアラオを飲む
・酒造りの村バーンサンハイで心置きなく試飲
 (アルコール度数 40度以上・・・?)


と書きましたが、その目的は果たせたのか!?

いざ、チェンマイ出発===


と、その前に。
024 flu check point

先日、アメリカよりタイへ帰国した18歳の少女で国内での新型インフルエンザ感染者が
5人目になったとの発表がありました。
世界的に広まる新型インフル発生に伴い、タイでは国際空港であるバンコクのスワンナプーム空港、
チェンマイ空港、プーケット空港に早々にサーモグラフィが設置されていました。

そうです、こちらの写真はチェンマイ空港での新型インフルのチェックポイント。

「ちょっと!お客さんっ
と呼び止められやしないかとドキドキの写真撮影は、今まさに出発しようと飛行機に向かうのに
エスカレーターを下ったところ。
国際線にて到着された方は左側からターミナルに入り、この場所にて問診を受けるそうです。

⇒全員座らされるようです sit down
(空港職員の方がそのように仰ってました)

それにしても職員の方の仰々しい格好ったら。。。。


さくっとこの場を通り過ぎ、青空のチェンマイを仰ぎ暫しのお別れ
ラオス航空70席のプロペラ機に乗り込み、ルアンパバーンへと出発~!

025 airplane ゾロゾロ

眼下に虹やメコン川を眺めながらあっという間の1時間のフライト。
どこまでも広がる棚田とその合間に赤茶けた土地、チェンマイ周辺とは異なる種類の椰子の木。
いよいよ世界遺産の町、ルアンパバーンに到着です。

037 lpq airport
Welcome to Laos!
柵の向こうからジィィィーーーーーーッ

039.jpg
飛行機を降りたら、歩いて空港ターミナルへ向かいます(笑)

無事入国審査終了後ターンテーブルで荷物が出てくるのを待ちます。
私は自分の荷物を手中に収め、最後の一つでシルバーのスーツケースが出てきました。
と、スーツケースが出てすぐターンテーブルがストップし、乗客の手元には届いていません。
・・・トコトコとその場まで取りに行かなくてはならなかったのはなんと黒田
早くも爆笑の旅となる予感。


続く。



チェンマイ発着 国内線・国際線の時刻表を毎月日本語で更新しています!
詳しくは【こちら】から


ランキング参加中です。
いつもぽちぽちっとありがとうございます
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ
ダオちゃんもかわいいかな~
ヒガシです。



以前、【こちら】でご紹介したカフェ”Din Dee”のオーナーあゆみさんより楽しいイベントのお知らせが
届きましたのでお知らせしま~す


                                    

去る5月2日に天国へ行ってしまった、忌野清志郎さんに贈る手作りのライブ&パーティをチェンマイ
在住の仲間たちで開催することになりました。当日は、バンドの生演奏(約10曲)に加えて、
スクリーンにてライブビデオの上映などを行ないます。


バンドはこのために結成され年齢も個性もばらばら。ボーカルは、バンドのメンバー&清志郎が
好きな人たちが持ち回りでそれぞれ歌います。準備する人、協力してくれる人はみんなボランティア。
バンドの人もノーギャラ。それでも、みんなで一生懸命練習、準備しています♪
当日はみんなで楽しく、笑って、飲んで、歌って、清志郎さんに「ありがとう!」の気持ちをこめた、
温かいパーティにできたらと思ってます。

Kiyoshiro-Memorial-LiveParty.jpg


************************************************

清志郎 Memorial Live&Party

2009年6月13日(土) 19:30 start
場所: THE GARDEN HOUSE(700年記念競技場近く)
料金: 350 Baht (1ドリンク&軽食込) ■前売チケット制 ■先着約50名まで 
チケットは ニマンヘイミン通り沿い チェンマイ大学美術館敷地内
土の家のお茶カフェDinDee (ディンディー) にて発売中!
連絡先: DinDee *ayumi
Tel: 086-910-8137(14:00-20:00) Mail: info@dindeecafe.com

************************************************

チケットは以下の場所でも購入できます♪

Saitong」(シリモングラチャン通り 多国籍料理レストラン)
「Banana Guest House」(チェンマイ門近く ゲストハウス)
「BaanBakery」(チェンマイ門の外側 ニコムさんのパン屋)
「家族亭」(スリドンチャイ通り マニナラコンホテル敷地内 日本料理店)
「のらねこ亭」(チャンプアック門近く ABCムーガタの裏側 居酒屋)

数に限りがあるので、興味のある方はお早めにどうぞ♪
なお、チケットご購入の時に、当日の会場となるTHE GARDEN HOUSEのパンフレット(地図)も
お付けしています。


ライブまでの経過やエピソードについてはこちらのブログへ。
http://plaza.rakuten.co.jp/dindeeblog/



                                    


Din Dee のブログはナラウラにも既にリンクさせていただいています。
あゆみさんの忌野清志郎に対する熱い思いがこれまでのブログ記事にアップされて
いますので是非お読み下さい。

ちなみに、過去記事を拝見すると曲目リストはこちらです

1.雨上がりの夜空に
2.ぼくの好きな先生
3.スローバラード
4.わかってもらえるさ
5.宝くじは買わない
6.いけないルージュマジック
7.デイ・ドリーム・ビリヴァー
8.多摩蘭坂
9.トランジスタ・ラジオ
10.君が僕を知ってる


50名限定なのでなくならないうちにー!と、いそいそと私もチケット購入致しました♪
実はあまり歌を知らない私。。。
なので、パーティー前にリストにある歌を予習してから出掛けることにしま~す。
こういったパーティーは初めてなので、とっても楽しみです。


チェンマイ在住の方も、ご旅行で来られる方も是非一緒に盛り上がりましょう!



ランキング参加中です。
いつもぽちぽちっとありがとうございます
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。